お知らせコーナー

<<トップページ

2016/9/12 月曜日

~空き家の活用~『保育所』の場合~

Filed under: 空き家, 未分類 — admin @ 15:37:06

小池都知事が就任して1か月あまり。精力的に改革を進めているようですね。

公約通り待機児童問題にも踏み込み、緊急対策として発表されました。

その中で、空き家を保育所として活用する提案がされています。

どのようなメリットがあるのでしょうか。

【メリット】

◆増え続ける空き家の解消にもつながり一石二鳥

◆既存建物を利用するため初期費用が安く済み、準備期間も短くなる

◆住宅地の空き家を利用することで、必要な地域に設置しやすい

◆住宅を利用することで、家庭的な雰囲気が生まれ子供の負担が少ない

しかしながら、デメリットもあります。

【デメリット】

◆保育所として利用することに否定的な大家さんが多い

◆空き家の所有者が不明・複数など、借りるまでのハードルが高い

また、空き家問題と合わせて考えると・・・

◆空き家で緊急に対策が必要なのは老朽化した空き家

→保育所として利用するには改修費用が高額になってしまう

などなど。

問題点は多く、一気に待機児童解消!という訳にはいかないでしょう。

とはいえ、この方式が根付いていくことによって

少しずつでも減っていくのでは、と期待して見守りたいと思います。

2016/7/7 木曜日

~「空き家バンク」全国版~

Filed under: 空き家 — admin @ 16:33:16

「空き家バンク」をご存知でしょうか?

年々増加して問題が深刻化している空き家を少しでも減らせないかと、

各地の自治体等が独自に運営している組織です。

今まではそれぞれの団体ごとに情報が分散していましたが、

このたび全国版の「空き家バンク」が構築されることになりました。

国土交通省が今年5月24日に開催した「国土審議会土地政策分科会企画部会」で

明らかにしたもので、来年度から実施していく方針とのこと。

活用可能な空き家の情報を全国規模で集約し、

活用を促進することを目的としています。

具体的には

◆都市部に設置した空き家に関する相談窓口と、地方自治体との連携を強化

◆地方に空き家を所有する都市居住者の、空き家活用に関する相談に対応

◆都市居住者から相談があった空き家の情報を、地域協議会に提供

◆売却や賃貸などに活用できる場合は「空き家バンク」に登録

◆民間の不動産ポータルサイトとの情報共有

などを検討しているようです。

地方移住や民泊など、色々な分野との結び付きも

期待できるかもしれません。

2016/4/27 水曜日

~空き家の相続について 2~

Filed under: 空き家, 未分類 — admin @ 11:39:26

3月に、空き家に関する最近の動向をお話ししました。

相続した空き家を売れば税優遇を受けられる制度が始まる、

といった内容でしたが、売れない空き家はどうすればいいのでしょう。

空き家を所有していると税金がかかるし維持・管理も大変です。

近隣に迷惑をかけることも少なくありません。

ただ負の資産としておくのではなく、

誰かに喜んでもらえる活用方法はないでしょうか。

例えば・・・

【自分で活用する】

●趣味を楽しむ・・・日曜大工などの制作スペース、畑にして野菜を育てる、など

●仕事場にする・・・オフィスや店舗、民宿などにリフォーム

【活用してもらう】

●地域貢献・・・集会所や子供の遊び場などに開放する

●貸し出す・・・手入れして賃貸の住宅や店舗、更地にして駐車場や資材置き場、など

【寄付する】

●自治体や隣家など

活用方法によっては、収益を上げることができるかもしれません。

それでも解決できず持て余してしまうなら・・・

【相続を放棄する】

● 被相続人が亡くなったのを知ってから、原則3か月以内に家庭裁判所に申し立てる

ただし自治体によっては、放棄者が管理を続けることを求める場合もあるそうです。

相続放棄は最後の手段と言えるでしょう。

まずは売れない理由を明確にして、その理由が取り除けないか

検討するところから始めてはいかがでしょうか。

2016/3/25 金曜日

~空き家の相続について~

Filed under: 空き家 — admin @ 14:20:07

こちらで何度も取り上げている「空き家」ですが、

年々関心が高まっているように感じます。

空き家が増え続けている現状に加え、

昨年施行された「空き家対策特別措置法」などにより

空き家への注目度が増しているのでしょう。

「空き家対策特別措置法」に関する記事はこちら

→ http://setagayaku.jp/blog/?p=377

更にこの4月からは、相続した空き家を売れば

税優遇を受けられる制度が始まるとのこと。

空き家が発生する理由で多いのは、

親の死去などで相続した家を持て余す事例だそうです。

便利な場所にすでに自宅を持ち、郊外や地方の親の家に戻る気はない、

というパターンが多いのではないでしょうか。

空き家を所有していても税金がかかるし維持・管理も大変です。

「空き家対策特別措置法」での「特定空き家」に認定される前に

早く売却してしまうのが正解かもしれません。

税優遇が受けられるなら、より売却しやすくなりますね。

とはいっても、売却できる空き家ならまだいいのです。

売却したくても買い手が見つからないような空き家はどうすればいいのでしょう。

次回は売れない空き家についてお話します。

2015/12/9 水曜日

~「民泊」認定制度とは~

Filed under: 自宅活用, 空き家, 未分類 — admin @ 13:14:24

2回にわたり「民泊」についての話題を取り上げました。

今回は、 民泊の認定制度に注目したいと思います。

一般住宅に旅行者を有料で泊める「民泊」を一定の条件で認める条例案が

10月27日大阪府で、12月1日東京都大田区で可決されました。

大阪府では来年3~4月頃、大田区では来年1月頃のスタートとなるようです。

国際競争力の強化などを目的とした国家戦略特区の特例を活用したもので、

増え続ける外国人旅行者に対する宿泊施設不足の解消が背景にあります。

現状では法規制が行き届いていない民泊にルールが与えられることで、

旅行者はもちろん近隣の方々も安心ですし、

新たなビジネスとしても注目されるでしょう。

国は特区での実施状況をふまえ、2017年にも全国で解禁する方向で

調整を進めているそうです。

ただ、特区の規定で7日以上の宿泊に限られるなど制約があり、

多数を占める6日以内の宿泊客に対応できないという問題点も指摘されています。

また、近隣住民や既存宿泊施設の反対、

無許可の施設を取り締まれるのかといった問題もあります。

日本でようやく根付き始めた「民泊」。

先行する自治体の事例を生かし、魅力あるものに進化させていくことが望まれます。

2015/11/27 金曜日

~「民泊」のメリットとデメリット~

Filed under: 自宅活用, 空き家, 未分類 — admin @ 10:52:08

引き続き「民泊」のお話です。

民泊の定義は特にないようですが、最近の使われ方をみると

自宅の空き室などを宿泊用に有料で貸し出すことを指すようです。

2008年に設立されたアメリカの空き部屋仲介サイトなどを通じて

海外では普及している宿泊方法で、

最近になって日本でも知名度が増してきました。

ビジネスとして拡大し、利用者に喜ばれる一方

様々な問題も発生しています。

【メリット】

●ホテル不足を補う

●安く利用できる

●国際交流の場となる

●外国人にとって、日本の生活を体験できる

●空家・空き部屋を有効に利用できる

【デメリット】

●災害時や衛生面などに対応していない施設がある

●近隣住民にとって、迷惑行為や不安材料になる

●犯罪に利用される可能性がある

*    *    *    *    *    *    *

日本の宿泊施設は旅館業法などにより基準が定められていますが、

民泊は法的な位置づけが曖昧なまま急速に広がっていて

多くは許可を受けずに営業しているのが現状です。

様々なトラブルが表面化してきた事態を受けて、

一定の要件で「民泊」を認定する制度が始まりました。

次回は制度の詳細をご紹介したいと思います。

2015/9/7 月曜日

~不動産バブル!?~

Filed under: 空き家, 未分類 — admin @ 15:39:26

ここしばらく、不動産の価格が上がっています。

オリンピック景気に加え、円安により海外の投資家が

日本の不動産投資に積極的になっていることなど、

理由は色々あるようですね。

弊社のある世田谷区でも状況は同じで、

不動産バブル?と感じるほどです。

しかし一方で、空き家が増え続けているという問題があります。

先日の日経新聞に、空き家の増加が原因で

住宅価格が崩壊する可能性があるとの記事が載っていました。

その理由は、高齢化にあるそうです。

国内外の事例から、一人あたりのGDP(国内総生産)や人口が

上昇すれば住宅価格も上昇してきたが、

高齢者の割合が増えるに従い住宅価格が下がるというのです。

シミュレーションによると、2010年時点の住宅価格が

2040年には40%下落するとの結果が得られたとのこと。

対策として、記事では移民の受け入れや定年の延長などの提案とともに

空き家にも触れていました。

住宅という大切な資産を消滅させるのではなく

資産として再生させる必要性を述べています。

その方法として・・・

◆住宅資産の移転

・高齢者の保有している住宅を、若い世代へ円滑に移転

→リノベーションなどで資産を再生

◆住宅資産の金銭化

・住宅を担保に老後資金を融資するリバースモーゲージなどの活用

・持家の賃貸化を促進

以上2点をあげていました。

不動産価格が上がっている今、思い切って売却して

小ぶりで暮らしやすいお宅へ住み替えるのもいいのではないでしょうか。

シニアスは高齢とされる年代のお客様が多く、

空き家減少にわずかでも貢献できるよう

これからも努力していきたいと気持ちを新たにした記事でした。

2015/7/16 木曜日

~「空家等対策の推進に関する特別措置法」~

Filed under: 空き家 — admin @ 15:38:39

以前このブログでご紹介した「空家等対策の推進に関する特別措置法」。

今年の2月から一部施行されていましたが、5月から全面施行となりました。

以前の記事はこちら→ http://setagayaku.jp/blog/?p=366

これを受けて、全国の自治体で空家除去・活用を促すための

新たな補助制度が活発化しているそうです。

例えば・・・

【愛知県】

市町村が行う解体費用に対する補助に、

県からの補助を追加できるようになりました。

県が除去費用を補助するのは、全国でも珍しいそうです。

【群馬県前橋市】

空家の除去や改修費用の補助に加え、

親子で近居・同居するために空家を活用する場合には

さらに補助金を増額できるとしています。

*   *   *   *   *   *   *   *

空き家問題が表面化し、国としての対策も整い始めました。

ここから加速度を増して空家の解消へ進んでいってほしいものですね。

2015/6/18 木曜日

~世田谷区の空き家活用*2015*後編~

Filed under: 自宅活用, 空き家, 未分類 — admin @ 15:41:31

前回ご紹介した世田谷区の

『空き家等地域貢献活用相談窓口』ですが、

今年度も地域貢献活用企画を募集するそうです。

以前の紹介記事はこちら ↓

http://setagayaku.jp/blog/?p=314

今年度は新たに「オーナーの夢」部門が新設され、

「団体の活用企画」部門とあわせ2部門での募集となります。

企画案が公開審査会でモデル候補として選ばれると、

実現するための初期整備に対し

1件あたり最大200万円が世田谷区から助成されます。

【対象となる企画】

空家等を拠点とした、地域交流の活性化、地域コミュニティの再生等

といった地域貢献を目的とした公益的活用。

自主的、自立的及び継続的に行われ、空き家等の地域貢献活用の

先導的な事例となるもの。

【対象となる物件】

一軒家等の空き家や空き部屋、マンションの空き室など

【応募締切】平成27年8月14日(金)

【公開審査会】平成27年9月12日(土)

どのような企画が応募されるのか楽しみですね。

詳細は「世田谷トラストまちづくり」のHPをご覧ください。

http://www.setagayatm.or.jp/trust/support/akiya/index.html

2015/6/5 金曜日

~世田谷区の空き家活用*2015*前編~

Filed under: 空き家, 未分類 — admin @ 10:56:49

このブログで何度もご紹介している世田谷区の

『 空き家等地域貢献活用相談窓口』。

地域コミュニティの活性化・再生をめざし、

空き家や空き部屋等と世田谷区の関連部署やNPOなどの

活用希望団体とのマッチングを行っていて、

世田谷区の一般財団法人である

「世田谷トラストまちづくり」が運営しています。

以前の記事はこちら ↓

http://setagayaku.jp/blog/?p=364

今回は今後開催予定の出張相談会をご紹介します。

いずれも申込不要です。

*     *     *     *     *     *     *

対象:空き家、空室、空き部屋を地域のために活かしたいとお考えの方

内容:①空き家等活用モデル事例見学会

②建築士や財団職員による個別相談会

【6月14日(日)】

◆空き家等活用モデル事例見学会:凸凹キッズすぺいす♪ 午後1時30分~2時15分

◆活用個別相談会:粕谷区民センター第1・2会議室 午後2時30分~午後4時30分

【7月11日(土)】

◆空き家等活用モデル事例見学会:シェア奥沢 午後1時30分~2時15分

◆活用個別相談会:シェア奥沢 午後2時30分~午後4時30分

*     *     *     *     *     *     *

窓口でも随時相談を受け付けているそうです。

詳細は「世田谷トラストまちづくり」のHPをご覧ください。

http://www.setagayatm.or.jp/trust/support/akiya/index.html


次のページ »