お知らせコーナー

<<トップページ

2018/10/22 月曜日

~世田谷らしい空き家等の地域貢献活用助成事業~

Filed under: 自宅活用, 空き家, 未分類 — admin @ 16:22:09

ここ数年ご紹介している、『世田谷らしい空き家等の地域貢献活用助成企画募集』。

「一般財団法人 世田谷トラストまちづくり」が毎年行っていて

世田谷区内の空き家を有効活用するため、空き家のオーナーや

空き家での活動を希望している団体が様々な企画を競い、

選定事業者に助成金が支払われる事業です。

今年も4月にこちらのブログでご紹介しました。

http://setagayaku.jp/blog/?p=499

9月の公開審査会で事業者が選定される予定でしたが、

今年度は助成対象に該当する応募がないという理由で

残念ながら中止となったようです。

我こそは!とお考えの方、来年度挑戦してみてはいかがでしょうか。

詳しくは「世田谷トラストまちづくり」のホームページをご覧ください。

http://www.setagayatm.or.jp/trust/support/akiya/model.html#model_top

2018/9/4 火曜日

~世田谷区◆ひとり親世帯向け家賃低廉化補助事業~

Filed under: 自宅活用, 空き家, 未分類 — admin @ 13:30:57

 世田谷区では『ひとり親世帯向け家賃低廉化補助事業』と題し、

ひとり親世帯(18歳未満のお子さんを養育する母子家庭・父子家庭)へ

お部屋を賃貸するオーナーを募集しています。

収入の低いひとり親世帯の支援が目的ですが、

オーナーにも、区から月4万円の補助金が受け取れるメリットがあります。

また、ひとり親世帯に対し家賃低廉化の住戸であると案内することで

入居希望者とのマッチングが進み、空室対策になることが期待できるとのこと。

実家の空き家問題に悩んでいる方などに朗報ではないでしょうか。

空き家対策とひとり親支援を両立させる取り組みはユニークで

貸し手と借り手双方に喜ばれる事業だと思います。

平成30年度は25戸募集しているそうです。

詳細は、世田谷区のホームページをご覧ください。

http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/102/119/331/15642/d00160876.html

2018/4/17 火曜日

~世田谷らしい空き家等の地域貢献活用助成事業2018~

Filed under: 自宅活用, 空き家, 未分類 — admin @ 13:53:51

前回ご紹介した「一般財団法人 世田谷トラストまちづくり」では

世田谷区内の空き家を有効活用するため、空き家のオーナーや

空き家での活動を希望している団体が様々な企画を競い、

選定事業者に助成金が支払われる事業を毎年行っています。

(このブログでも何度かご紹介しています。

よろしければご覧になってください。

→ http://setagayaku.jp/blog/?p=432 )

*     *     *     *     *     *

今年度の募集が公開されましたのでお知らせいたします。

スケジュールは以下の通りです。

◆応募相談:4月2日~7月17日

◆応募受付:8月20~27日

◆公開審査会・報告会:9月15日

*     *     *     *     *     *

空き家や空き部屋をお持ちの方で、有効に利用したいとお考えでしたら

一度相談されてはいかがでしょうか。

詳しくは「世田谷トラストまちづくり」のホームページをご覧ください。

http://www.setagayatm.or.jp/trust/support/akiya/model.html#model_top

2018/3/28 水曜日

~地域共生のいえ~

Filed under: 自宅活用, 空き家, 未分類 — admin @ 13:56:29

時々こちらでご紹介している、世田谷区の

「一般財団法人 世田谷トラストまちづくり」 では

地域共生のいえづくり支援事業を行っています。

これは区内の家屋等のオーナーによる、自己所有の建物の一部

あるいは全部を活用したまちづくりの場づくりを支援することで、

地域共生のまちづくりを推進し、世田谷区民の暮らしやすい環境と、

地域の絆を生み出し育んでいくことを目的としているそうです。

例えば・・・

・子どもたちの地域の居場所
・子育てを支援する場
・高齢者や障がい者の暮らしを支える場
・地域まちづくりを啓発・支援する場
・地域の人々の交流を広げる場

などなど。

これまでご紹介した事業は空き家が対象でしたが、

「地域共生のいえ」は建物の一部でも提供できるため

住み続けながら空き部屋を活用することも可能です。

地域の役に立ちたいけれど引っ越しはしたくない、という

オーナーさんでも参加できますよ。

・月に一度居間をおしゃべりの場に提供

・車庫を改修して様々な活動の場に提供

といった事例もあるようです。

ご興味がありましたら世田谷トラストまちづくりのホームページをご覧ください。

http://www.setagayatm.or.jp/trust/support/ie_system/index.html

2017/11/8 水曜日

~空き家活用の新制度~住宅セーフティネット法改正~

Filed under: 自宅活用, 空き家, 未分類 — admin @ 13:00:22

本年4月に公布された『住宅セーフティネット法』が10月25日に改正されました。

『住宅セーフティネット法』とは、低所得者・障がい者・高齢者などの

住宅確保要配慮者が、住宅を確保できるようにすることを目的に制定されました。

今回の改正では、住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅の登録制度など、

民間賃貸住宅や空き家を活用するもので、情報提供等を行うための

「セーフティネット住宅情報提供システム」の運用も始まっています。

http://www.safetynet-jutaku.jp/guest/index.php

空き家などの所有者が賃貸住宅として自治体に届け出て

条件を満たしていればこのシステムに登録される仕組みです。

耐震改修やバリアフリー化が必要な場合は最大200万円を助成したり、

低所得者の家賃を補助するなど様々なサポートも用意されているようです。

単身の高齢者や所得の低いひとり親世帯などは

孤独死や家賃滞納のリスクがあるとして

入居を拒否されてしまうケースが問題となっています。

このような制度があれば、大家さんも入居者の方も安心ですね。

増え続ける空き家の解消にもつながることを期待したいと思います。

2017/10/25 水曜日

~世田谷らしい空き家等地域貢献活用助成事業・審査結果~

Filed under: 自宅活用, 空き家, 未分類 — admin @ 14:09:41

5月にご紹介した、世田谷区と「世田谷トラストまちづくり」という

一般財団法人が主催した事業の審査結果が出ましたのでお知らせします。

5月の記事はこちら→ http://setagayaku.jp/blog/?p=432

具体的には、世田谷区内の空き家を有効活用するため

空き家のオーナーや空き家での活動を希望している団体が様々な企画を競い、

公開審査会で選定された事業者に助成金が支払われる事業です。

今年度の募集は「世田谷らしい空き家等地域貢献活用助成事業 企画募集」

というタイトルでの募集となりました。

今回選定されたのは、『ふかさわの台所プロジェクトチーム』でした。

詳細は「世田谷トラストまちづくり」のホームページをご覧ください。

→ http://www.setagayatm.or.jp/trust/blog/nikki/index.html

また 「世田谷トラストまちづくり」では、

家・建物を利活用したまちづくり活動の一環として

10月30日からの「地域に役立てる家・建物の活かし方、残し方」講座など 

様々なイベントを企画しているようです。

ご興味のある方は、参加されてはいかがでしょうか。

→ http://www.setagayatm.or.jp/trust/support/toramachidai/index.html

2017/3/9 木曜日

~プチ移住~

Filed under: 移住, 自宅活用, 未分類 — admin @ 14:32:59

久しぶりに『移住』についてお話ししたいと思います。

『移住』とひとくちに言っても、

移住する目的や移住者の年齢等によって意味合いが変わります。

穏やかな気候や自然豊かな環境を求めた移住なら

ご希望に合った地域への『地方移住』がいいでしょう。

地方移住に関しては、以前の記事がありますのでご覧になってください。

以前の記事はこちら→ http://setagayaku.jp/blog/?p=396

今回は、狭い家でもいいから憧れの街に住みたい、

リタイア後に利便性のいいエリアで生活したい、など

土地勘がある、なんとなく知っているエリアでの移住をお考えの方に

近い地域への住み替え『プチ移住』をご紹介します。

住み慣れたエリアがご希望なら、より駅に近い、

買い物が一度に済むなど、便利な地域に『プチ移住』。

お気に入りの公園や音楽ホールなどの公共施設、

よく行く商業施設や商店街があるなら、思い切って近くに『プチ移住』。

生活費が気になるなら、物価の安いエリアに『プチ移住』。

食料品など生活必需品の価格はもちろん気になるところですが、

持ち家にお住まいの方にとっては固定資産税も無視できません。

また、水道代なども安くなることがあるのをご存知ですか?

自治体によって定められる各種基本料が異なるそうです。

一度ご自分の行動範囲や趣味、楽しいことなどを書き出して

どのような生活がしたいのか再確認されるといいですね。

それから希望がかなえられる具体的なエリアを絞り、

自治体のサービスなどをじっくり検討してみてはいかがでしょうか。

移住するにあたって必要となる費用については 、

以前の記事も参考になさってください。

以前の記事はこちら→ http://setagayaku.jp/blog/?p=324

2016/11/28 月曜日

~『住み替え』で 車がなくても快適な生活へ~

Filed under: 自宅活用, 未分類 — admin @ 14:18:35

最近、高齢者が加害者となった自動車事故のニュースを

耳にする機会が増えたように感じます。

生活するために、収入を得るために運転せざるを得ない、

といった状況の方も多く、高齢になったからと言って

運転をやめましょう、というばかりでは現実的ではありません。

公的な支援が望まれますが、個人でできることはないでしょうか。

シニアスでは、お子様が独立するなどして

今のお住まいが広すぎると感じているシニア世代のお客様に、

減築や売却による小規模な家への住み替えをご提案しています。

維持やメンテナンスの手間が減るだけでなく、

売却による住み替えの場合、差額で老後資金が確保できる利点もあるのです。

現在買い物や通院などに車を利用していて、

車を手放すと生活が不便になってしまう、という方は

便利な立地への住み替えを考えてみてはいかがでしょうか。

車の維持費が浮く分、少々割高と思える物件も候補に入るでしょう。

便利になると外出の機会が増えて、生活にハリが出たり

健康寿命が延びるといった副産物も期待できるかもしれませんよ。

住み替えについては、過去のブログで詳しくご紹介しています。

よろしければ参考になさってください。

以前の『住み替え』の記事はこちら↓

http://setagayaku.jp/blog/?p=324

2016/1/20 水曜日

~『減築』のすすめ その1~

Filed under: 自宅活用 — admin @ 14:20:54

先日の日本経済新聞に、「減築」についての記事が載っていました。

家の床面積を減らす「減築」が注目を集めている、とのこと。

シニアスでもおすすめしている「減築」ですが、

注目を集めているとは嬉しいことです。

(詳細は、間取り変更のページ

http://setagayaku.jp/madori/  をご覧ください)

*     *     *     *     *

記事で紹介している福岡市の事例では

【減築前の2階建ての家】

・2人の子供が巣立って使わなくなった部屋がある

・階段の上り下りや掃除が体にこたえる

・屋根瓦が重く急勾配のため、強風で家が揺れる

【平屋に減築後】

・屋根を軽くし、耐震性や断熱性を高める工事を実施

・中央の薄暗い部屋には天窓を設置

・部屋ごとの温度差や移動などのストレスが減った

築35年ということで建て替えという選択肢もあったかもしれませんが

愛着のある建物を残したい、というご夫婦の願いをかなえる

ベストな選択が「減築」だったのではないでしょうか。

*     *     *     *     *

また、道路近くまでせり出しあまり使っていなかった部屋を解体し

駐車スペースにしたり、建物の一部を削り坪庭にするなど、

小規模の減築でも大きな効果が得られた事例が紹介されていました。

また減築の意義として、「床面積が減ることで持ち物が整理され、

以前より生活空間が広がることが多い」といった

専門家の意見も引用されていました。

「減築」には他にもメリットがたくさんあります。

次回ご紹介したいと思います。

2015/12/9 水曜日

~「民泊」認定制度とは~

Filed under: 自宅活用, 空き家, 未分類 — admin @ 13:14:24

2回にわたり「民泊」についての話題を取り上げました。

今回は、 民泊の認定制度に注目したいと思います。

一般住宅に旅行者を有料で泊める「民泊」を一定の条件で認める条例案が

10月27日大阪府で、12月1日東京都大田区で可決されました。

大阪府では来年3~4月頃、大田区では来年1月頃のスタートとなるようです。

国際競争力の強化などを目的とした国家戦略特区の特例を活用したもので、

増え続ける外国人旅行者に対する宿泊施設不足の解消が背景にあります。

現状では法規制が行き届いていない民泊にルールが与えられることで、

旅行者はもちろん近隣の方々も安心ですし、

新たなビジネスとしても注目されるでしょう。

国は特区での実施状況をふまえ、2017年にも全国で解禁する方向で

調整を進めているそうです。

ただ、特区の規定で7日以上の宿泊に限られるなど制約があり、

多数を占める6日以内の宿泊客に対応できないという問題点も指摘されています。

また、近隣住民や既存宿泊施設の反対、

無許可の施設を取り締まれるのかといった問題もあります。

日本でようやく根付き始めた「民泊」。

先行する自治体の事例を生かし、魅力あるものに進化させていくことが望まれます。

次のページ »