お知らせコーナー

<<トップページ

2012/5/22 火曜日

~高機能な内装材~

Filed under: 未分類 — admin @ 11:54:57

過ごしやすい季節になりましたね。

しかしそんな時期は意外と短く、6月には梅雨が・・・

じめじめベタベタは不快なだけでなく、

カビやダニなどが増殖する原因にもなってしまいます。

節電が叫ばれる中、エアコンなどに頼らずに快適な住まいにしたいものですね。

そこで、調湿機能などを持つ、高機能の内装材をご紹介します。

裸足で歩きたくなるような、さらっとして感触の柔らかいフローリング材や

調湿機能だけでなく消臭効果や防虫効果のある壁材など

高機能な製品が続々登場しています。

加えて掃除やメンテナンスが楽だったり、

トイレや水廻りでも使用できる製品もありますから

取り入れたいお部屋や目的に合わせて選んでみてください。

具体的なご紹介は、次回したいと思います。

2012/5/7 月曜日

~世田谷区の空き家対策~

Filed under: 空き家, 未分類 — admin @ 11:35:29

以前空き家対策についてのお話をしましたが、

今回は世田谷区の取り組みをご紹介したいと思います。

世田谷区には空き家・空き室が3万5000あるそうです。

うち一戸建ては6200件だそうですが、戸建ては

不法投棄の場所とされたり樹木や草が生い茂るなど、

衛生上も防犯上も問題になりやすくなります。

実際に世田谷区では、近隣からの訴えが年間100件ほどあり、

草刈りなどの軽易な処置も含めて、6~7割程度決着をみたとのことです。

また、空き家・空き室と言っても十分に利用可能な物件も多くあります。

このような物件の活用は以前から行われており、

財団法人せたがやトラストまちづくりによる「地域共生のいえづくり支援事業」や

社会福祉協議会による「ふれあいの家」などの拠点として、20か所以上が

近隣住民のコミュニティづくりに役立っているそうです。

空き家・空き室を有効に活用するには、当然様々な条件や制約があり

なかなか思い通りには進まないようですが、

区の体制を整え今まで以上に増やしていくとのこと、期待したいと思います。

以前紹介した日経新聞の記事では、空家対策として

「所有者に修繕・解体を求める条例を制定した自治体」の事例でしたので

世田谷区は登場しませんでしたが、取り組みとしては行っていたのですね。

他にも頑張っている自治体があるかもしれません。

この対策がきっかけとなり、地域を豊かにする活動が

大きく広がっていくと良いですね。