お知らせコーナー

<<トップページ

2014/7/25 金曜日

~法改正で空き家転用を活性化~

Filed under: 空き家, 未分類 — admin @ 14:06:33

またまた空き家のお話です。

先日の日本経済新聞に、空き家の転用に際し

法が妨げになっているという記事が載っていました。

【事例1】

内 容◆2階建ての戸建て住宅→高齢者が共同生活を送る施設

問題点◆建築基準法上「寄宿舎」の扱いとなり、大規模な改修が必要

戸建てからの改修で5部屋しか個室がないにもかかわらず、

耐火構造の間仕切り壁の設置や廊下幅の拡幅などが必要となり工事費がかさんだ。

相当数の学生が寝泊まりする建物と同じ基準を当てはめるのは無理があるのでは。

【事例2】

内 容◆廃校になった学校→自治体が民間事業者に賃貸・売却

問題点◆学校の用地取得に補助金を利用していた場合、一部返却義務が生じる

ニュータウンなどでは、国から土地購入費を借りて学校を増設している事例が多い。

東京都多摩市の中学校では、返却が2億円以上にもなる。

【事例3】

内 容◆静岡県にある杉並区の区有地→特別養護老人ホーム建設計画

問題点◆高齢者の医療費負担

現在の仕組みだと、杉並区から静岡県に転居後に75歳になる人は

医療保険の負担が静岡県になってしまう。

入所待機者が多く早い建設が望まれる中、なかなか法改正が実現しない。

************************************

記事では、画一的な法制度が遊休資産の活用などを拒んでいるとすれば

それは時代に合わない規制なのではないだろうか、と結んでいます。

都内だけで75万戸にものぼる空き家。

法律ひとつをとっても有効利用への道のりが険しいことがうかがえますね。

せめて高齢者施設など不足している施設への転用がスムーズに進むよう、

法が改正されることを期待しています。

2014/7/11 金曜日

~新規ご依頼についてのお知らせ~

Filed under: 未分類 — admin @ 10:45:57

シニアスのホームページをご覧くださいましてありがとうございます。

おかげさまで順調にご依頼をいただき

新規工事とお見積もり書作成に、お時間がかかる状況が続いております。

お急ぎのお客様にはご希望に沿えず誠に申し訳なく、お詫び申し上げます。

現在のところ、以下のような状況でございます。

【お見積書作成のための現地調査】 7月下旬~

【お見積書の提出】 工事箇所を拝見した後1週間~10日程度

【工事開始】 8月下旬~

なお、大雨や台風などの影響で緊急を要する場合は

遠慮なくお問い合わせくださいませ。

私共を信頼しご依頼いただきましたこと、深く感謝申し上げます。

これからもシニアスをよろしくお願い致します。

2014/7/2 水曜日

~住民獲得に空き家を活用~

Filed under: 空き家, 未分類 — admin @ 13:33:50

先日の日本経済新聞に「首都圏で空き家を活用し、

新たな住民の獲得につなげようとする試みが広がっている」として、

首都圏郊外の事例が載っていましたのでご紹介します。

【神奈川県鎌倉市】

ベンチャー企業による、使われていない家屋を貸し出すサービス。

オフシーズンの別荘や借主が未定の家屋を一週間単位で貸し出すもので、

移住体験をしてもらうことで将来住むきっかけをつくるのが狙いとのこと。

別の会社でも一日単位で別荘を貸し出すなど、

空き家を活用した事業が広がっているようです。

【神奈川県横須賀市】

市のホームページで、空き家や空き地を紹介する

「空き家バンク」事業を今春から始めました。

空き家が特に多い地区をモデルとして情報を公開し、

不動産市場の流通に乗りづらい物件を割安に提供することで

子育て世帯や学生などの入居を見込んでいます。

【埼玉県秩父市】

自治体や業界が集まり、移住促進を目的とした

「ちちぶ空き家バンク」を2011年に始めました。

開始以来61件が成約し、うち25件が地域外からとのこと。

自然が豊かなのに東京に比較的近いことや、

行政が介入することによる安心感などが好調の理由のようです。

*******************************

ビジネスとして成立すれば、空き家減少に弾みがつきそうですね。

首都圏といっても多くの地域で人口の減少が進んでいますから、

定住者を呼び込む対応策として空き家を活用できれば

一石二鳥になるのではないでしょうか。