お知らせコーナー

<<トップページ

2014/10/22 水曜日

~中古住宅には『住宅インスペクション』を~

Filed under: 未分類 — admin @ 14:12:14

消費税増税の決定時期が迫り、行方が気になる方も多いのではないでしょうか。

巷では決定前にも関わらず、増税を見据えた商戦が熱気を帯びてきているようです。

住宅販売やリフォーム業界でも、消費意欲を喚起する取り組みが目につきます。

実際反応もいいようで、駆け込みが始まりつつあるとの見方もあるのだとか。

2%とはいえ住宅のように千万単位の高額な商品になると

数十万円もの差が出ますから、確かに増税前を狙いたくなりますが

焦っていい加減に選ばないようにしたいものですね。

例えば中古住宅。

取引では不動産業者が仲介するのが一般的ですが、

設計やメンテナンスのプロではないため、

欠陥住宅の不安を抱えたまま購入に至るケースもあるようです。

そんな時は「住宅インスペクション」を利用してはいかがでしょうか。

「住宅インスペクション」とは、「住宅診断」「住宅検査」を意味し、

売買契約を結ぶ前に、欠陥がないかどうかを調べるサービスです。

専門業者に依頼すると5~10万円が相場のようですが、

安心料としては高くないのではないでしょうか。

売り主にとっては、きちんと診断してもらった方が

むしろ高く売れるとの考え方もあるようです。

シニアスには「ホームインスペクター(住宅診断士)」

という資格を持つスタッフがおります。

リフォームでももちろん診断できますので、お気軽にご相談ください。

住宅インスペクションについては、以前こちらのコーナーでも紹介しています。

どうぞ参考になさってください。

→ http://setagayaku.jp/blog/?p=311

2014/10/14 火曜日

~DIY賃貸~

Filed under: 空き家 — admin @ 13:59:52

4月のブログで、国土交通省が3月に公表した

中古住宅の賃貸借ガイドラインをご紹介しました。

空き家対策としてDIY賃貸に注目し、契約の手順などを定めたものです。

4月の記事はこちら↓

http://setagayaku.jp/blog/?p=326

DIY賃貸の最大の魅力は、入居者にとって

退去時の原状回復を気にすることなく自由にリフォームできることです。

貸し手側にもリフォームや清掃の負担がなくなるメリットがあり、

その分賃料を安くできるので借り手が見つかりやすくなるという

好循環が生まれます。

ガイドラインの公表から半年が経過しましたが、

着実に成果が出ているようです。

先日の日本経済新聞には、築50年の一軒家を借りて

住みながら自分好みに改装を続けている

34歳の女性の事例が紹介されていました。

記事に登場するDIY賃貸を扱う不動産会社の話では、

20~30代の独身者の問い合わせが目立つとのこと。

高齢化に悩む自治体も、DIY賃貸を上手に取り入れて空き家を活用すれば

地域の若返りにつながるかもしれませんね。