お知らせコーナー

<<トップページ

2015/4/22 水曜日

~新規ご依頼についてのお知らせ~

Filed under: 未分類 — admin @ 10:37:45

シニアスのホームページをご覧くださいましてありがとうございます。

省エネ住宅ポイントの追い風もあってか、

今年度もおかげさまで順調にご依頼をいただいています。

皆様本当にありがとうございます。

そのため大変恐縮ですが、新規工事とお見積もり書作成に

お時間をいただく状況が続いております。

お急ぎのお客様にはご希望に沿えず誠に申し訳なく、お詫び申し上げます。

現在のところ、以下のような状況でございます。

【お見積書作成のための現地調査】 5月上旬~

【お見積書の提出】 工事箇所を拝見した後1週間~10日程度

【工事開始】 5月中旬~

私共を信頼しご依頼いただきましたこと、深く感謝申し上げます。

これからもシニアスをよろしくお願い致します。

2015/4/13 月曜日

~空き家になる前に~

Filed under: 空き家, 未分類 — admin @ 15:39:31

このブログでは、空き家に関する話題を何度も取り上げていますが

今回は近い将来空き家になることが想定される

「空家予備軍」に向けたお話をしたいと思います。

特にご高齢の方のみでお住まいの家は、

ご本人がお元気なうちに活用方法を吟味しておけば安心です。

前提条件として、

◆相続人がいるかどうか

◆相続人が住む予定があるかどうか

◆建物の傷み具合(住み続けていけるかどうか)

◆売却や賃貸などの需要があるかどうか

などで選択肢が変わってきます。

これらの条件をふまえた上で

◆相続人が住む

◆賃貸する

◆売却する、寄付する

といった選択肢が考えられます。

賃貸や売却を選択する場合は、便利の良い駅近くの

コンパクトな住まいに住み替えるのも良いでしょう。

エリアによっては不動産に資産価値があった時代は終わり、

むしろ負の資産になっています。

需要があるうちに売却するのも良いかもしれません。

いずれにしても、大切な住まいが迷惑な空家にならないように、

相続人がいる場合は、相続される方が困らないように

きちんと準備しておかれると良いですね。

2015/4/2 木曜日

~公示地価と地価動向~

Filed under: 空き家 — admin @ 14:49:54

今年1月1日時点での公示地価が、先月公表されました。

国土交通省のホームページに、1年間の地価動向が

まとめられていましたのでご紹介します。

【全国平均】

●住宅地→下落率が縮小

●商業地→7年ぶりに下落から横ばいに転換

【三大都市圏】

●平均では住宅地、商業地ともに上昇が継続

●約半数の地点で上昇

【地方圏】

●平均では住宅地、商業地ともに下落率が縮小

●7割弱の地点で下落(昨年は約8割)

*   *   *   *   *   *   *   *

全国的にばらつきはあるものの、おおむね好転しているようです。

要因として

【住宅地】

●低金利・住宅ローン減税等の施策による住宅需要の下支え

【商業地】

●低金利等を背景とした高い不動産投資意欲

●オフィス空室率の低下や、主要都市の中心部等における堅調な消費動向

●利便性の高い地域における住宅需要を背景に、

商業地をマンション用地として利用する動き

を挙げていました。

特に東京ではオリンピックに向けた開発が盛んで、

少なからず地価に反映しているのではないでしょうか。

一方郊外や地方では下落率が縮小、とはいえ

下落していることに変わりありません。

その土地を欲しいと思う人がいないから価値が下がる訳で、

前回のブログでご紹介した地方の創生により魅力ある街づくりが進めば、

更なる好転が期待できるかもしれません。