お知らせコーナー

<<トップページ

2016/1/29 金曜日

~『減築』のすすめ その2~

Filed under: 未分類 — admin @ 10:39:10

前回お話しした「減築」について、詳しくご紹介したいと思います。

【減築とは】

増築の対義語で、住宅等の床面積を減らすこと。

例えば、子供が巣立ちご夫婦2人になった時

一般的な2階建てのお宅だと夫婦2人には広すぎる、

使われていない子供部屋のメンテナンスが面倒、

階段の上り下りがしんどく危険・・・などの問題が出てきます。

いっそ2階部分を減らす、又は平屋にしてしまおう、

というのが減築工事で多い動機です。

【減築のメリット】

◆掃除など日常の維持管理が楽になる

◆動線が短縮され、移動が楽になる

◆外壁塗装等の定期的なメンテナンス費用が減る

◆2階部分が減ることで、耐震効果が高まる

◆平屋の場合、階段がないことで究極のバリアフリーとなる

◆床面積が減ることで、固定資産税の節約につながる

◆2階部分を吹き抜けにしたり天窓を設置したりすれば

1階部分でも開放感のある明るい住まいとなる

【減築のデメリット】

◆施工費用がかかる

◆建物の現況や構造により、希望通りにならない場合もある

*     *     *     *     *

また、お子さんが幼い頃に建てたような築年数の経ったお宅では

家の不具合が目立ち始める時期も重なるのではないでしょうか。

使いにくいなど、ちょっとした不満が積み重なっている方も多いでしょう。

住んでいる方の体力や好み、部屋の使い方だって変化して当然です。

減築のついでに、気になっていた部分をリフォームして

これからの人生を快適に過ごせる住まいにしたいものですね。

次回は、 減築のついでに取り入れたいリフォームなどについて

お話させていただきます。

2016/1/20 水曜日

~『減築』のすすめ その1~

Filed under: 自宅活用 — admin @ 14:20:54

先日の日本経済新聞に、「減築」についての記事が載っていました。

家の床面積を減らす「減築」が注目を集めている、とのこと。

シニアスでもおすすめしている「減築」ですが、

注目を集めているとは嬉しいことです。

(詳細は、間取り変更のページ

http://setagayaku.jp/madori/  をご覧ください)

*     *     *     *     *

記事で紹介している福岡市の事例では

【減築前の2階建ての家】

・2人の子供が巣立って使わなくなった部屋がある

・階段の上り下りや掃除が体にこたえる

・屋根瓦が重く急勾配のため、強風で家が揺れる

【平屋に減築後】

・屋根を軽くし、耐震性や断熱性を高める工事を実施

・中央の薄暗い部屋には天窓を設置

・部屋ごとの温度差や移動などのストレスが減った

築35年ということで建て替えという選択肢もあったかもしれませんが

愛着のある建物を残したい、というご夫婦の願いをかなえる

ベストな選択が「減築」だったのではないでしょうか。

*     *     *     *     *

また、道路近くまでせり出しあまり使っていなかった部屋を解体し

駐車スペースにしたり、建物の一部を削り坪庭にするなど、

小規模の減築でも大きな効果が得られた事例が紹介されていました。

また減築の意義として、「床面積が減ることで持ち物が整理され、

以前より生活空間が広がることが多い」といった

専門家の意見も引用されていました。

「減築」には他にもメリットがたくさんあります。

次回ご紹介したいと思います。

2016/1/13 水曜日

~新規ご依頼についてのお知らせ~

Filed under: 未分類 — admin @ 11:45:07

いつもシニアスのホームページをご覧くださいましてありがとうございます。

おかげさまで新年早々にも多くのお問い合わせをいただき、

スタッフ一同フル回転で業務にあたっております。

そのため大変恐縮ですが、新規工事とお見積もり書作成に

お時間をいただく状況が続いています。

お急ぎのお客様にはご希望に沿えず誠に申し訳ありません。

現在のところ、以下のような状況でございます。

【お見積書作成のための現地調査】 2月上旬~

【お見積書の提出】 工事箇所を拝見した後1週間~10日程度

【工事開始】 2月中旬~

私共を信頼しご依頼くださいましたこと、深く感謝申し上げます。

これからもシニアスをよろしくお願い致します。

2016/1/8 金曜日

~新年のご挨拶~

Filed under: 未分類 — admin @ 14:53:12

新年あけましておめでとうございます。

新しい年が皆様にとって幸多き一年になりますよう

心よりお祈り申し上げます。

本年もシニアスをどうぞよろしくお願い致します。