お知らせコーナー

<<トップページ

2016/3/25 金曜日

~空き家の相続について~

Filed under: 空き家 — admin @ 14:20:07

こちらで何度も取り上げている「空き家」ですが、

年々関心が高まっているように感じます。

空き家が増え続けている現状に加え、

昨年施行された「空き家対策特別措置法」などにより

空き家への注目度が増しているのでしょう。

「空き家対策特別措置法」に関する記事はこちら

→ http://setagayaku.jp/blog/?p=377

更にこの4月からは、相続した空き家を売れば

税優遇を受けられる制度が始まるとのこと。

空き家が発生する理由で多いのは、

親の死去などで相続した家を持て余す事例だそうです。

便利な場所にすでに自宅を持ち、郊外や地方の親の家に戻る気はない、

というパターンが多いのではないでしょうか。

空き家を所有していても税金がかかるし維持・管理も大変です。

「空き家対策特別措置法」での「特定空き家」に認定される前に

早く売却してしまうのが正解かもしれません。

税優遇が受けられるなら、より売却しやすくなりますね。

とはいっても、売却できる空き家ならまだいいのです。

売却したくても買い手が見つからないような空き家はどうすればいいのでしょう。

次回は売れない空き家についてお話します。

2016/3/16 水曜日

~リフォーム支援策が拡充~

Filed under: リフォーム — admin @ 15:15:06

この春から、国のリフォーム支援策が広がります。

キーワードは 『3世代同居』。

3世代同居のためのリフォームなら、基準を満たせば

◆今までの補助に加え50万円加算される

◆リフォーム投資型(又はリフォームローン型)減税の対象となる

とのことです。

政府によると「出産・子育てへの不安や負担が大きいことが

少子化の要因の一つであることを踏まえ、

安心して子どもを育てられる環境整備の手段として、

世代間の助け合いを図るための三世代同居を促進するため」

と説明していて、少子化対策の一環の事業のようです。

実際に3世代同居が増えるかどうかはわかりませんが、

このようなリフォームをお考えの方には朗報ではないでしょうか。

*     *     *     *     *     *

話は変わりますが、1月下旬

日銀によるマイナス金利政策の発表がありました。

あれから1か月以上が経ち、様々な余波が出ているようです。

例えば住宅ローン。

金利が下がって借り換えが急増し、住宅購入を考える人も増えているとか。

リフォーム支援策にしろマイナス金利にしろ、

否定的な意見も多いようですが、上手に利用したいものです。

2016/3/9 水曜日

~地方移住2016~

Filed under: 未分類 — admin @ 13:58:39

昨年10月に、3回にわたり地方移住の話題を取り上げました。

リタイア後の元気なシニアの方を中心に、

地方移住の人気が高まっているという内容です。

①地方移住を楽しむには→ http://setagayaku.jp/blog/?p=386

②杉並区の場合→ http://setagayaku.jp/blog/?p=387

③北海道の場合→ http://setagayaku.jp/blog/?p=388

その時ご紹介した、杉並区の「お試し移住」事業がスタートしました。

静岡県南伊豆町と進めている事業で、

1月に行われた説明会も大盛況だったそうです。

温暖な気候や豊かな自然環境という魅力に加え、

家賃補助や行政サービスの利用などの自治体のサポートも予定されていて

思いのほか気軽に挑戦できそうですね。

地方移住と言えば、安倍政権は地方創生事業の一環で

中央省庁の地方移転を計画しています。

2月末には、文化庁を京都府に全面的に移転する方針を固めた、

というニュースを目にしました。

徳島県に消費者庁、和歌山県に総務省統計局なども

検討されているようです。

ただ現時点では反対の声も多く、

移転先によっては実現は難しいかもしれません。

地方の活性化や人口減少に歯止めをかけるには

効果的な政策だと思いますが、

リタイア後の悠々自適な地方暮らしとは違い

国家の運営に関わることですから、

慎重な判断が求められるのでしょう。