お知らせコーナー

<<トップページ

2016/10/24 月曜日

~LRT~次世代型路面電車とは?~Part3~

Filed under: 未分類 — admin @ 14:26:27

前回まで2回にわたり、次世代型路面電車『LRT』について

お話してまいりました。

今回は、先月末に国土交通大臣の認可がおりた

栃木県の宇都宮市と芳賀町のLRTをご紹介します。

新路線敷設計画に対する認可は国内第一号。

前回お話しした通り、計画浮上から23年かかっているそうです。

なぜこんなにも時間がかかったのでしょうか。

先月の日本経済新聞の記事によると、問題点は

①LRTを通す空間の確保

②既存の交通事業者との役割分担

③事業費の調達

の3点とのこと。

特に問題だったのが②点目で、

計画エリアの一部でバス事業者の主要路線が集中し、

需要が奪われると反発されていたとのこと。

これはそのバス事業者が、公共交通の連携を高める方針の他社に

買収されたことを機に解決に向かいました。

①と③の問題も何とか乗り越えての認可取得ですが、

他にも問題は残っているようです。

●道路が狭くなることで渋滞が激しくなる懸念

●採算がとれるほどの需要があるのか

●専用道に大型バスを走らせる「BRT」など、

LRTより安価なプランではだめなのか

などなど・・・

LRT導入を検討している自治体は、他にも多数あるようです。

高齢化や人口減に対応するため、また観光客誘致のため・・・

目的をはっきりと定め、需要や効果の予測をしっかりと調査して

市民が納得し喜ぶ公共輸送機関が増えていくといいですね。

詳細は、宇都宮市のホームページをご覧ください。↓

http://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/kurashi/kotsu/lrt/index.html

2016/10/12 水曜日

~LRT~次世代型路面電車とは?~Part 2~

Filed under: 未分類 — admin @ 15:29:35

前回のブログで、次世代型路面電車『LRT』をご紹介しました。

前回の記事はこちら↓

http://setagayaku.jp/blog/?p=418

国土交通省によると、ブログでご紹介した富山市など

国内で17都市20事業者により営業されているそうです。

国土交通省の紹介ページはこちら↓

http://www.mlit.go.jp/road/sisaku/lrt/lrt_index.html

ただ、これらの先行事例は既存の路線を活用したものでした。

海外では車社会からの転換を目指す都市で相次いで導入されていて、

日本国内でも多くの自治体で導入が検討されているLRTですが、

地元の合意形成や巨額の事業費など

解決しなければならない問題が山積みで、

新規路線の開設は、かなり厳しい状況だというのです。

しかし先月末にようやく、新路線敷設計画に対する

国内第一号となる国土交通大臣の認可がおりました。

整備事業者は栃木県の宇都宮市と芳賀町で、

運送事業者は第三セクターが担うとのこと。

実に計画浮上から23年かかったそうです。

次回はもう少し掘り下げてみたいと思います。