お知らせコーナー

<<トップページ

2014/12/1 月曜日

~『空き家問題―1000万戸の衝撃』~問題提起編~

Filed under: 空き家 — admin @ 12:54:01

今年7月に出版された『空き家問題―1000万戸の衝撃』

(牧野知弘著・祥伝社)を読みました。

増加し続ける空き家を切り口に、

様々な背景を絡めて問題を浮き彫りにしています。

今回は~問題提起編~として、どのような問題があるのか一部ご紹介します。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

◆高齢化による住宅地の過疎化◆

人口の減少で商業施設やバス路線が廃止され、首都圏でも陸の孤島に

◆土地神話の崩壊◆

建物は壊すことができても土地は残ります。

売るに売れず管理もできない土地が荒れ地に、建物は廃墟に

→それでも固定資産税や相続税は発生→負の資産となる

→荒れ地・空き家が多いエリアはスラム化の恐れも

◆日本の自治体の半数が消滅!?◆

「日本創生会議」が昨年、2040年には日本の自治体が半減すると発表しました。

出産する世代が都市部に移動→地方や郊外の人口が減少

→財源が確保できない→自治体として機能しなくなる→消滅

◆オフィスビルも空室に◆

震災をきっかけにした建替えや、オリンピックに向けての開発などから建設費が高騰

→老朽化により空室が目立っていても、

資金・体力のない中小ビルオーナーは建てかえることもできない

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

などなど。

正直知れば知るほど恐ろしくなってしまいますが、

現実に起こるであろうことは残念ながら納得できました。

自分の将来はもちろん、子や孫の世代にツケをまわさないために

どうすればよいのでしょうか。

次回は解決策編をご紹介します。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

現在コメントフォームは利用できません。