Q&A

<<トップページ

 よくある質問をまとめていますので、参考にしてください。このQ&Aで解決しない点は、お気軽に相談下さい。

リフォームを考えているお客様向けQ&A - 介護保険等の助成金を利用するお客様向けQ&A
介護・福祉関連事業関係者様向けQ&A -

リフォームを考えているお客様向けQ&A

Q:住宅改修をするタイミングは?

  • 超高齢社会を迎えて、バリアフリー住宅への関心が高まっていますが、まだまだ元気な50代、60代では「リフォームはもうちょっと先でいい」と考えてしまいがちです。
    しかし、年を取ると便利なものでも不慣れなために新しいものを操作することには不安を感じるものです。
    ですから、元気な若いうちに例えば「コンロは安全なIHを採用する」 「ワンタッチでお風呂が沸かせる給湯システムを導入する」など住宅設備機器の交換などを早めにやっておくことをお勧めします。
    また、退院後の受け入れ準備を整える時にリフォームするケースも考えられます。
    これからは病院の入院期間が短くなり、長期入院が出来なくなります。入院して2週間ぐらいでその人の機能がどれくらい回復するのかを判断して、退院後の生活環境の整備が遅れないように指導することも医療福祉関係者の大切な仕事になって来ています。
    機能が一時的に回復しても進行性の疾患や高齢の場合はその機能は加齢と共に落ちていきますので、その予測を含めてリフォームを考えなければなりません。
    そのために、リフォーム費用を出来るだけ安く抑えるためには、はじめからどこにどの程度のリフォームが必要になるのかを専門のコーディネーターにしっかり相談して、できるだけ追加発注が出ないように取り掛かることが大切です。

Q:介護リフォームの目的は?

  • (1)日常生活での自立のために行なう
    (2)安全性を向上させるために行なう
    (3)移動を楽にすることで外出機会を増やす
    (4)介護する者の負担の軽減
    動けずに寝ていたら、どんどん機能が落ちてしまいます。筋力は1日寝ていると3%落ちると言われています。1週間寝ていると20%ぐらい筋力が落ちてしまいます。
    高齢者の場合3日間寝込んだらもう立てなくなった、起きられなくなったというケースがあります。このような偏用症候群に陥らないためにも日常生活での自立、生活を組み立てることが大切です。ベッドから起きてトイレまで歩いて行く、ダイニングに行く、お風呂に行くなどの生活そのものがリハビリになり、脳を維持することにもなります。
    そのためにも活動範囲をどう確保するか、どう外へ出る機会を作るかが大切です。リハビリ教室、デイサービス、デイケアなどに出かけることで、地域とのつながりを増やして行くことも住宅改修の目的といえます。

Q:『シニアリフォーム』だと何が違うのでしょうか?

  • シニアリフォームは通常のリフォームや介護リフォームとは似て非なるものと考えています。
    シニア世代の健康なうちに老後を見据えてゆとりある空間を作ったり、手すりを取付けたり、もしくは今後必要なときにすぐに手すりが取り付けられるように壁に下地を入れておくなど、色々考えられます。ユニバーサルデザインという概念が最近は認識されつつありますが、どんな状況になっても生活しやすい住まいにしておく事が大切です。
    また、ケガなどをしにくい間取りや仕様にしておく事で、事故率の低下となり長い間健康的に暮らせるようになります。
    シニアリフォームはこれからの超高齢化社会において予防改修という意味からも主流の考え方となってくると思います。

Q:両親の家を建て替えて二世帯住宅にしようと思っていますが、新築住宅を設計して頂く事は可能ですか?

  • もちろん新築住宅の設計もおこなっております。弊社の一級建築士、福祉住環境コーディネーター、各専門家が協力して、生涯安心して暮らして行ける住まいをご提案させて頂きます。

Q:シニア向け以外のリフォームはできますか?

  • シニアスは㈱世田谷建築工房のシニアス事業部になります。
    企業本体は総合建築請負業ですので、通常の内外装リフォームの他、耐震工事、新築工事などの設計・施工を承っております。安心してお気軽にご相談下さい。

↑ ページ先頭へ

介護保険等の助成金を利用するお客様向けQ&A

Q:工事日数はどの位かかりますか?

  • 介護保険の適用範囲内の工事であれば、通常1~2日あれば工事は完了いたします。

Q:現地調査や書類作成は工事とは別料金ですか?

  • もちろん相談やお見積りは無料で承ります。また、各種申請が必要な場合も無料で作成いたします。

Q:65歳未満でも介護保険の利用はできますか?

  • 65歳以上で要介護(要支援)認定を受けた方の他、40歳以上で「国が定めた15種類の特定疾病」に該当する方も受給資格がありますので、お住まいの区役所の介護保険窓口で要介護認定の申請を行って下さい。(かかりつけの病院名・医師名をご確認の上、加入している医療保険の保険証をご持参下さい)
    ※ 利用者ご本人による申請が困難な場合はご家族による申請が可能ですが、近年は一人暮らしの高齢者も多くなっていることから、痴呆症など、判断能力が低下した人々を守るため、福祉サービスについての情報提供と助言、福祉サービスの手続き援助(同行・代行・契約締結)、福祉サービスの利用料などの支払い、苦情解決制度の利用援助などを行う 『地域福祉権利擁護制度』 もあります。

Q:既存の洋式トイレの便座を洗浄機能つきの便座に交換する場合、介護保険は適用されますか?

  • 介護保険の住宅改修費支給対象となる便器・便座の交換は立ち座りが困難な場合を想定したものであり、洗浄機能のみの付加は適用外となります。
    但し、自治体によっては助成金の対象となる場合がありますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

Q:現在病院(又は特別養護施設)に入院中の高齢者が退院した場合に備えて、住宅改修を行いたいのですが?

  • 入院中は「住宅改修の必要性なし」と判断されるため、原則として対象とはなりませんが、退院の予定が明らかな場合については、事前に区役所の保健福祉課に確認の上で改修を行い、退院後に介護保険の支給申請を行うことが出来ます。

Q:賃貸住宅や分譲マンションなどの共用部分の改修は、介護保険の支給対象となりますか?

  • 通路・廊下や共用トイレ、洗面所などが想定されますが、住宅の所有者や共用部分の所有者の同意(管理規定含む)があれば可能であり、支給対象となります。

Q:既に洋式便器を利用していますが、高さが低いので座面の高いものへの交換を検討しています。介護保険の利用はできますか?

  • 洋式→洋式は原則不可ですが、たとえばリウマチで膝が曲がらない等、正当な理由があれば認められます(段差67mm以上)。
    この他、同じく正当な理由がある場合には、洋式便器のかさ上げ工事や補高便座の設置も対象となります。

Q:既存引き戸が古くなったので新しいものに交換したいのですが、介護保険は適用されますか?

  • 引き戸→引き戸は原則不可であり、単純に古くなったからという場合には適用外ですが、既存引き戸が重く、開け閉めが困難など、正当な事由がある場合には支給対象となります。

↑ ページ先頭へ

介護・福祉関連事業関係者様向けQ&A

Q:工事への立ち会いは必要ですか?

  • 工事当日に関係者様の立会いは必要ありません。 開始前のご挨拶、施工箇所の確認・説明・養生・清掃、そして工事後の確認まですべてシニアスが行います。
    『全てを安心して任せることができる』 ことが、専門店としての責任と考えております。

Q:利用者様やご家族への対応はしっかりできますか?

  • 一番心配なのがこの点ではないでしょうか。シニアスでは現場で動く職人、現場監督、担当スタッフまで、マナーや礼儀に重点をおいて、丁寧にお客様と対応させて頂きます。ご紹介という責任感を強くもって、担当者が工事完了まで一貫して対応させて頂き、その後の信頼関係をより強化できるよう努めます。

Q:受領委任払いの工事はできますか?

  • もちろん受領委任払いも取り扱っております。ご利用者様のご都合・ご希望があればその旨お知らせ下さい。

Q:実際に頼みたい場合はどうすれば良いでしょうか?

  • 電話・FAX・メールにて承ります。ご利用者様のご氏名・ご住所などの情報、改修箇所の簡単なご説明、また現地調査のご希望日などをご連絡いただければ、日程調整の上ご指定のお時間に訪問させていただきます。
    シニアスの住宅改修相談依頼書をお持ちの方は、必要箇所にご記入の上FAXにて送信下さい。

↑ ページ先頭へ