バリアフリー住宅・シニア向け住宅へ間取り変更をしよう!プラン集

<<トップページ

◆戸建住宅リフォーム編◆ - ◆マンションリフォーム編◆

リフォームと言っても様々ですが、ここではシニア世代や高齢者世代の間取り変更事例を紹介します!

定年や子育てが終わると、老後の新しい生活リズムが生まれてきます。
それに合わせ住まいの間取りも変更して楽しい老後の生活が送れるように、お客様の要望に合わせてご提案いたします。
また、戸建住宅の場合は建物が老朽化しているケースも多いので、耐震性や耐久性を考慮して、ご予算の中で最適な設計をさせて頂きます。

間取りを考える際にはゆとりや開放感を大切にしながら、彩光や風通し、生活動線を考慮しながら、住まわれる方の生活がより楽しくなるような空間を心掛けて設計いたします。
また、自然の素材を多く使って心地良い空間に仕上げたり、趣味を楽しめるような空間を設けたりといったように、理想の老後の生活に近づけるよにお手伝いさせて頂きます。

POINT:シニアスはシニア向けや高齢者向けの住まいを専門に工事しております。
      安全で快適な住まい作りには専門性とお客様を思う気持ちが大切です。
◎ 平面図だけでは分かりづらいかとは思いますが、一般的な間取り変更のリフォームにシニアスの
  バリアフリー工事の知識や、多くの経験に基づくシニア向け・高齢者向けの要素が入ったバリア
  フリーの間取り変更リフォーム事例です。

“みなさん気になる工事費用について”

シニアスは着工後の追加費用が無いのでとっても安心です! 事例の平均工事費用は11万円/㎡です。
お約束:設計や仕様によって価格は変わりますが、私たちはお客様のご予算の範囲できちんと工事を行います。

戸建住宅リフォーム編

~開放的なくつろぎの住まい~

  • 古い木造住宅で間仕切り壁や扉で細かく仕切られているのが特徴でした。
  • 2階の子供部屋と寝室はほとんど使っていない状態で、物置になっていました。
  • 夫婦2人の生活なので、生活エリアを1階にして2階は客間として1部屋を残しました。
  • 大きな吹き抜けをつくり、引き戸を開けると全体がつながり開放的な住まいとなります。

↑ ページ先頭へ


~減築で耐震平屋の住まい~

  • 2階は子供部屋のみだったので、現在では全く使っていない状況でした。
  • 建物は築年数が古く耐震診断の結果、耐震性が低い事が分かりました。
  • 2階部分は無くし減築して平屋住宅にすることで、耐震性が大きく上がりました。
  • 寝室は訳あって開き戸にしましたが、後で引き戸へ変更できるようにしています。

↑ ページ先頭へ


~ホームエレベーターのある住まい~

  • 建物の建築面積があまり広くない、昔の木造分譲住宅の住まいでした。
  • 階段の上がり下りが難しく、仕方なく1階のみで生活されている状態でした。
  • 1階でゆとりをもった生活ができるように一つのフロアへと変更としました。
  • 寝室を2階に設けてホームエレベーターで移動ができるようにしました。

↑ ページ先頭へ


マンションリフォーム編

~リゾートホテルのような住まい~

  • 部屋が細かく仕切られている作りで、使わなくなった部屋もありました。
  • 開き扉が多く、ご夫婦にとってとても使い勝手の悪い間取りでした。
  • 玄関スペースや浴室を広げてリゾートホテルの雰囲気を出しました。
  • 通路幅を広いしてLDKと和室を一体化して開放的な空間を作りました。

↑ ページ先頭へ


~車椅子でも回遊できる住まい~

  • 細かく仕切られた部屋には、リビングと和室部分に段差もある状態でした。
  • 車椅子の生活で、開き戸や間仕切りが多く暮らしづらい状態でした。
  • 玄関の段差をスロープにし、全部屋に車いすで行けるように設計しました。
  • 洗面室兼用のトイレスペースは2方向からの出入りが出来るようにしました。

↑ ページ先頭へ


~和風好きの畳の住まい~

  • 購入した当時のままのマンションは洋室が多く好みではありませんでした。
  • 一部屋の面積が小さく、キッチンも壁で囲われていて圧迫感がありました。
  • 居間を畳敷きにしてゆったりと落ち着いてくつろげるスペースをつくりました。
  • 台所部分はオープンにして、寝室も無垢材を使って柔らかな空間としました。

↑ ページ先頭へ


~ホームパーティーを楽しむ住まい~

  • 日当たりは良いのですが細かく縦長に分割されたマンションでした。
  • パーティーを開く時もリビングと和室つなげた状態で行っていました。
  • 大人数でも対応できるようにオープンなシンクカウンターとキッチンをつくりました。
  • 大容量がストックできる食品庫と、広々としたパーティースペースを確保しました。

↑ ページ先頭へ


~お料理教室が開ける住まい~

  • 台所が狭く、風と光があまり入って来ないところに配置されていました。
  • 使わない空き部屋が有効活用できておらず、もったいない状態でした。
  • お料理教室が開けるように広々と明るいLDKのプレースをつくりました。
  • 玄関周りも広くして、トイレは2か所に作りプライベート部分を別にしました。

↑ ページ先頭へ


~サンルームと緑のある住まい~

  • 使っていない洋室の2部屋は日当たりが悪く日中でも照明をつけていました。
  • リビングがあまり広くないため、好きな植物をたくさん置けない状態でした。
  • マンションでも植物が楽しめるように、タイル仕上げの土間スペースをつくりました。
  • サンルーム部分は防水層を作り、簡単な水撒きができるように水栓も設置しました。

↑ ページ先頭へ


~ホームシアターのある住まい~

  • 水廻りの各スペースが小さく、各部屋も一般的なマンションのつくりでした。
  • 廊下が狭くて扉がぶつかるので、扉を外して使っている部屋もありました。
  • バルコニー側の窓に遮音のための内窓として防音ガラスを取り付けました。
  • 映画やスポーツを楽しみながら飲食ができるような空間をつくりました。

↑ ページ先頭へ