場所別ポイント

<<トップページ

場所別リフォーム - パーツ別リフォーム

住み慣れた自宅で、いつまでも安全に安心して過ごすために、そして高齢者や障がい者の自立支援、介護者の負担軽減のためにはさまざまな改修の検討が必要です。また、いつまでも快適な住まいを実現するために、元気なうちにバリアフリーのリフォームを検討し、家庭内事故の予防と日常生活動作をスムーズにして健康を保つことも重要です。
高齢者や障がい者の目線で生活動線をチェックしてみて下さい。運動能力や感覚機能が低下すると、健常者には何でもない、わずか数ミリ程度の「ちょっとした段差」でも、つまずいたり、転倒したりすることが多くなります。
例えば、手摺りの取付け工事は住宅改修の中でも一番多い工事で最も基本となるものですが、手摺り1本が付いているだけで今まで行えなかった動作が可能になったり、介助がいらなくなったり、安心して移動が行えたりと、活動の幅や生活の質を大きく変える要素となります。「バリアフリーの住宅改修」を家族を含めた「ライフスタイルの変わり目」と位置付けて、事前の予防計画を行なう事が安全な暮らしへとつながって行きます。

場所別リフォーム

【玄関・アプローチ】

上がり框の段差や間口の広さ、ドアの開閉スペースや屋外へのアプローチを見直して、スムーズに外出が楽しめるようにしましょう。
また、夜間など暗がりで足元が不安定にならないように照明計画に配慮するとともに、雨などの場合にも滑りにくくない床素材を採用しましょう。

  • 段差はありませんか?
  • 歩行を支えるものは?
  • ドアは開けやすいですか?
  • 出入口の開口幅は充分ですか?
  • 足もとが滑りやすくないですか?
玄関では開口の幅が大きく取れる場合は、3枚引き戸への変更を検討します。 玄関の土間と廊下部分は極力段差を無くして、床の材質のみを変更します。 昔の住宅は1階の床が高く造られている事が多いため、式台を設置します。

↑ ページ先頭へ


【廊下・階段・居室】

廊下や階段には必要に応じて手すりの設置をおすすめします。また、各居室との敷居段差は転倒の危険があります。
階段は高齢者の方が転落する可能性がとても高く危険ですので、いかに安全に上り下りが出来るようになるかを考えます。
本来でしたら、階段を使わなくても1階で生活できるようにする事が一番なのですが、住まいの事情が異なりますので、現状の中での最善な改修を行うことがポイントとなります。滑りにくさ、足元の明るさもポイントになります。
入浴や夜間のトイレなどで廊下を通る場合には、冬場の温度変化にも気をつけましょう。

  • 段差はありませんか?
  • 床が滑りやすくないですか?
  • ドアは開けやすいですか?
  • 出入口の開口幅は充分ですか?
  • 歩行・立ち座りを支えるものは?
  • 車いすが通れますか?曲がれますか?
  • 照明が暗くありませんか?
廊下部分では転倒防止のために、状況に応じて両側に手すりを取り付けます。 階段への手すりの取り付けは、下地を確認しながら連続して設置を行います。 和室を好まれる高齢者の方は多いので、フラットの畳コーナーを計画します。

↑ ページ先頭へ


【浴室】

 最近ではバリアフリーをうたったユニットバスなどの商品が、各メーカーから出されています。
浴室を選ぶ場合には、脱衣室との段差、浴槽のサイズや深さ、障がいがある場合には入浴方法を検討し適切な選択を行いましょう。
浴室への手摺りの取り付けは、一連の入浴動作を検討し、安全のために必要な箇所に取り付けを行って生きます。
既存の浴室がタイル壁の場合にも取り付けが可能です。

  • 扉が内開きドアになっていませんか?
  • 出入口に段差はありませんか?
  • 出入口の開口幅は充分ですか?
  • 浴室や脱衣室の床が滑りやすくないですか?
  • 着衣の脱着や入浴など、不安定な姿勢を支えるものは?
  • 浴槽のまたぎ高が高くないですか?
  • 浴室内・浴槽内で安定した座位が保てますか?
浴槽への出入りの際には、身体を安定させるために縦手すりを設置します 浴槽内で椅子を使用する場合は、動作に合わせて手すりに位置を決めます。 浴槽内に腰掛が付いていますが、足を伸ばした状態の長さに注意が必要です。

↑ ページ先頭へ


【洗面所】

脱衣室を兼ねる洗面所の場合、広さや温度差にも配慮が必要です。
特に介助が必要な場合、ゆとりある広さを確保しないと介護の負担も増大してしまいます。
洗面化粧台は、座っても使いやすく、車椅子でも利用できる足元の空いた形状のものが良いでしょう。

  • ドアは開けやすいですか?
  • 段差はありませんか?
  • ドアは開けやすいですか?
  • 洗面所と浴室に温度差はありませんか?
  • 介助スペースはありますか?
  • 床が滑りやすくないですか?
洗面脱衣室では介助スペースがあると、介助の際に動作が楽になります。 室内での移動距離が長い場合は、居室に洗面やトイレを新たに設置します。 建物の構造をふまえながらトイレと洗面脱衣室を一つの空間に計画します。

↑ ページ先頭へ


【キッチン】

作業台の高さが低いと、腰に負担がかかります。
また、あまり高くまで収納スペースを設けると取り出すのが大変ですし、脚立などを使うことによる転落事故も少なくありません。
足元は椅子での利用を考えて、空けておくと良いでしょう。
また、認知症高齢者の場合、火災や刃物の扱いも心配です。火を使わないIHヒーターや収納スペースの工夫がポイントになります。

  • 出入口の開口幅は充分ですか?
  • 段差はありませんか?
  • 火事を起こす心配はありませんか?
  • 床が滑りやすくないですか?
  • 刃物などの収納は安全ですか?
コンロはIHを採用して、腰掛けながら流しが使えるようにしています。 火気の無いタイプの流し台を計画し、車椅子での使用も考慮しています。 下肢に障害がある場合は、下部がオープンになったキッチンを計画します。

↑ ページ先頭へ


【トイレ】

トイレは1日に何回も利用する場所で、少しの工夫が自立を大きく左右します。
手摺りは便座に座った状態から立ち上がる動作や、姿勢の補助をする事が目的となることが多いですが、車椅子を利用する場合、また介助を必要とする場合など使い方に合った綿密なプラニングが重要です。
移動が困難な場合など、寝室の近くにトイレがあると本当に助かります。

  • ドアは開けやすいですか?
  • 出入口の開口幅は充分ですか?
  • 段差はありませんか?
  • 和式便器ではありませんか?
  • 立ち座りを支えるものはありますか?
  • 介助スペースはありますか?
  • 床が滑りやすくないですか?
便器に座って立ち上がれないケースも考慮して、通報ブザーを設置します。 トイレでの立ち上がり動作が不安定な場合はアームサポートを取付けます。 建物によって引き戸の設置が難しい場合は、折れ戸の扉を取り付けます。

↑ ページ先頭へ


パーツ別リフォーム

【段差の解消】

段差の解消は手摺りと共に住宅改修の中でも重要な改修工事です。
もともと昔の建築は段差が多く、高齢者や障がい者にとっては、移動や歩行の障害になってしまいます。
居室間の段差の解消方法としては、床を上げるか、床を下げるか、なだらかにする(スロープ状)工事が必要となります。
また、玄関の上がり框が高い場合は、足が上がらないため昇降が難しくなりますので、踏み台や式台を取り付けて少しでも足上げの高さを低くしてあげることが必要になります。

敷居部分の段差は、建物の状況に合わせて平らになるように施工します。 畳部屋が連続している場合は、敷居ではなく上吊りタイプの扉にします。 扉を上吊りにする事で、段差がまったく無いつながった床になります。

↑ ページ先頭へ


【手すりの設置】

手すりの取り付けは住宅改修の中で最も多い工事です。
手すり1本あるだけで、安全性が大きく変わります。高齢者に限らず、健常者でも身体を安定させる為に、手すりがあるとつかまります。高齢になってくると体のバランスや筋力が衰えてきますので、手すりがあるだけで高齢者の事故率が低下します。そのため、まだ健康なうちに手すりを設置しておくと、事故の予防としてとても大切な役割を果たします。

開き戸の横には、扉の開閉の際に身体を安定させる手すりを設置します。 階段では基本的に、降りる時に利き手側になる方向に取り付けます。 使用する方の状態に合わせて、手すりの取り付け位置を決定します。

↑ ページ先頭へ


【扉の交換】

住まいの中では、扉にて各居室が仕切られていますので必ず開き戸や引き戸と言った扉があります。
開き戸では、開閉の際に姿勢が不安定になりやすいため引き戸への変更を行うことで、立ち位置の移動がなく安定して開閉を行う事が出来ます。
引き戸への変更が難しい場合は、既存の開き扉のドアノブをレバーハンドルに変更することで、握力が弱くなってきても開閉を行いやすくすることができます。

引き戸への取替えの際は、既存の建物状況に応じて施工を行います。 既存建物の雰囲気に合わせて、引き戸を製作して取り付けを行います。 壁を壊したりできない場合は、上吊りタイプの引き戸を取り付けます。

↑ ページ先頭へ


【滑りにくい床材】

主に畳の床をフローリングやクッションフロアに変更する工事です。
畳での生活が動作に支障が合ある場合は、変更が必要になります。
例えば、車椅子や歩行器を使用して生活したり、関節変形症などで椅子座位での生活が中心となる場合は有効な改修工事となります。ただし、床材そのものは、畳に比べてフローリングの方が硬くて冷たいため、転倒時などはケガをしやすいと言った点がありますので、十分な検討が必要です。

合板のフローリングは掃除しやすく、移動も行いやすい床材です。 コルクはクッション性があるので、転倒してもケガしにくい床材です。 無垢材の床は温かみがあり、断熱性が高いので冬は冷たくありません。

↑ ページ先頭へ


【和式便器の交換】

以前の住宅に多かった和式トイレですが、高齢者にとっては大変つらい状態で使用する事になります。
下半身の筋力が低下した高齢者にとっては、しゃがむ動作や、立ち上がり動作など過酷な動きが多い為、とても苦痛を強いられます。
トイレの交換工事は、使用できなくなる期間や、解体・水道・電気・木工事といったように多く建築工事が関連してきますので、しっかりとした計画が必要になってきます。

     
便器の交換工事の際には、薄型の手洗い器の取り付けも検討します。 手すりや肘掛の取り付け高さは、状況を十分に検討して設置します。幅が狭い場合は、少しでも広くなるように壁を加工して対応します。

↑ ページ先頭へ