バリアフリーの住まいとは

<<トップページ

バリアフリーの住まいとは - 個人のお客様
介護・福祉関連事業関係者様 - 介護保険の活用方法

階段の上り下りは、手すりが付いているだけで安全性が大きく変わります。
自分の部屋を認識しやすくする為にドアの色を分かりやすく分けています。
1階に居室が設けれない場合はホーム用エレベーターの設置も検討します。
浴室などの改修では、手すりと入浴用の補助器具を併用して効果を高めます。

バリアフリーの住まいとは

加齢や障がいによる身体状況の変化に合わせて、現在の住宅を対応させるためのリフォームです。
ご自宅での生活をより安全に、より快適に行えるようにし、介護する側やご家族の負担を少しでも軽減してもらい、 生活の中で心のゆとりが生まれるようになる事が大きな目的となります。介護保険の住宅改修費助成金を利用すれば、少ない負担で改修することも可能です。また、高齢者の方は自治体の予防改修補助金を利用することもできます。

住まいの間取りを考える時には総合的に生活をとらえる事が必要です。身体状況により生活の仕方を考える場合にはリハビリテーションの専門家である、作業療法士や理学療法士などの意見も大切になります。私たちは、丁寧なヒアリングに重点を置いて、プランニングを行う事でより良い福祉住環境へと変わって行くと考えます。
住宅において「こうだったらいいのに・・」「こうだったら介護しやすいのに・・」と、日々生活していて思う事があるのではないでしょうか。シニアスでは、どうすれば安全で住みやすい家になるのか、また介護やサポートしやすくなり心身共に負担を減らせるかと言う事を心掛けて最適な改修プランをご提案致します。「ここがこうだったら楽なのにぁ」「老後はこういう生活をしたい」というご意見をお聞かせ下さい。

シニアスでは、認知症、脳血管障がい、脊椎損傷、筋ジストロフィー、パーキンソン病、視覚、聴覚、言語障がい、高齢による老化などそれぞれの症状に合わせた住環境を提供しております。健康に自宅で年老いて行きたいという思いは、みなさんが思っていることだと思います。バリアフリーの住宅改修を行う場合は下記の要点が関係してきます。

【 どのように暮らしたいのか、何を大切にするのかといった価値観 】

  • 家族の変化による間取りの変更
  • 落ち着いた色彩・自然素材を取り入れるなど、室内環境の整備
  • 趣味を楽しむ為の空間作り   など

【 将来的な暮らしの展望 】

  • 子供の独立、子世帯との同居
  • 車椅子対応
  • 手すりの設置や段差の解消等で危険の排除      など

【 現在の身体状況・家族・介護サービス・経済状況 】

  • 手すりの設置や段差の解消等で移動を楽に
  • 介助しやすい設備の導入
  • 介護保険の利用で費用を軽減    など

●障がい者のためのリフォーム
 65歳以上の人の60%の人が、要介護もしくは障がい者という環境です。
その中でも、施設に入居している障がい者の方が66万人に対して在宅で生活を行っている障がい者は590万人と9倍の人が自宅での生活を行っている実態から、住宅のバリアフリー工事の重要性が非常に高いウエイトを占めています。
 一口に障がいといっても人それぞれに違います。年齢や家族構成、住まいの状況や将来展望など、100人100様の住まいがあります。できること、できないことを明確にすることからスタートし、ご本人の希望を少しでも実現するための住まいをご提案します。
とくに若年障がい者の場合、障がいを超えた生活の楽しみが待っています。社会との関わりを多くもって、積極的に生きるために、趣味や家事などの日常生活を楽しむための+αも重要です。

●認知症高齢者のためのリフォーム
 日常何らかの介護・支援を必要とする痴呆性高齢者は、2015年には100万人増えて250万人と予測されています。
もし、認知症になったら、自宅での介護はどうなるでしょうか?住宅改修の際には、どのようなことに気を付けたらよいのでしょうか?
 知的な能力の低下とともに、階段を下りることができなくなるなど身体的な運動能力の低下も起きてきます。手すりを設置する場合にも、早めに付けておくことが必要となります。
 高齢者に多い痴呆は、脳血管性痴呆で約42%、続いてアルツハイマー型痴呆が32%、そのほか慢性硬膜下血腫、脳腫瘍などによる身体の病気などによって起こります。日本人に多いアルツハイマー型痴呆の場合には、有効な治療薬も開発されています。早期の発見と治療によって、在宅での生活の可能性が広がります。
 認知症(痴呆症)の場合、急激な環境の変化は混乱をもたらしますので、住み慣れた自宅で、できるだけ長く暮らせる環境づくりが重要です。

●車椅子のためのリフォーム
 室内での移動と、外出がスムーズに行えるような改修計画をご提案します。
 車椅子にとって段差や傾斜は健常者が考える以上に大きな障がいとなります。自走する、介護者が操作するに関わらず、段差解消のための改修が最大のポイントです。この段差を様々な方法によって解消し、室内での移動と外出を行いやすくする事が日々の生活範囲を広げ、有意義な暮らしをおくることにつながります。
車椅子の通行幅は、一般に780mm以上とされています。また、転回のためのスペースは1700mm程度が基本になりますが、利用者の身体能力の差によって必要なスペースは変わってきます。真っすぐの操作が難しい高齢者や片麻痺の方には、余裕のある通路幅が必要になりますし、片手で操作する場合には回転スペースを余分に考慮しなければなりません。スロープの傾斜も、介助する人の力によって勾配を検討することが必要になってきます。

●聴覚障がい者のためのリフォーム
 聴力に何らかの障がいを持つ人は、街を歩いていて気づかれにくい存在です。高齢であったり、車椅子に乗っていたり、白い杖を持っている場合は、一目で理解できますが、聞こえないことは何のサインも示さないためです。
 特に高齢になっての中途失聴者や難聴者の場合、周囲とのコミュニケーションが困難になって、孤立してしまう場合が多いと言われています。 日常のコミュニケーションは身振り、筆談、空書(指で宙に文字を書く)、口話(口の形を読みとる)、指文字、手話など、さまざまな方法がありますが、コミュニケーションの方法によって住まいの改善点も変わってきます。
声や音が聞こえないことによる生活上の危険を、少しでも排除する対応が必要になり、特に災害時などの速やかな外部とのコミュニケーション手段を確保しておくことは、安心に暮らすための第一歩と考えられます。

消費者が安心して相談できる公的な資格として認定されているのが「増改築相談員」です。工事の管理には(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター認定の増改築相談員が対応させて頂きます。

↑ ページ先頭へ