バリアフリーリフォームとは

<<トップページ

バリアフリーリフォームとは - 個人のお客様
介護・福祉関連事業関係者様 - 介護保険

昔の浴室はドアが折れ戸の場合が多く、開閉の際に握る手すりが必要です。
廻り階段の場合は踏板面積が小さいため、方向転換用の手すりも設置します。
トイレでは身体を安定させて、動作の際に力が入りやすいように計画します。
居室の改修の場合はドアを引き戸に変更し、床はフローリングに変更します。

介護・福祉関連事業関係者様

当社はケアマネージャー様・ヘルパー様等、介護・福祉事業に携わる方々からの住宅改修工事のご依頼、またご相談を承っております。介護や福祉に関しての豊富な知識をお持ちの方で、実際に利用者様と接しておられるなかで住宅に関してのご相談に即答できないケースがあるのではないでしょうか?多忙なケアマネージャー様、介護事業者の皆様の住宅改修部門のパートナーとして、私たちシニアスが住環境の改修をお手伝いさせて頂ければ幸いです。

また、下記のような現場ならではのご質問などの相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。どんなことでも気軽に相談できる施工業者として、お互いに良い関係を築いて行ければ何よりです。

『ここに手すりはつけられるの?』  『この段差を解消する方法はある?』
『ここに手洗い器をつけられるの?』  『この壁や柱は撤去できるの?』
『ここに引き戸はつけられるの?』  『ここにスロープは作れるの?』

日頃から献身的にお世話をしていただいている方からご紹介された施工業者となれば、ご利用者様の信頼も絶大です。当社では、お打合せの段階から、施工箇所のアドバイス、各種書類の作成、実際の施工、施工後の書類作成からアフターケアまで、ご利用者様との直接対応を含め、総合的に、業務のバックアップをいたします。
介護リフォームの現場には、利用者様、ケアマネージャー様、ヘルパー様をはじめ、理学療法士、作業療法士の方など多くの方が携わるケースが多く見受けられます。様々ご意見をまとめ、建築的な立場からご提案をさせていただく…。
このような役割を通して、利用者様にとって最良の住宅改修をご提案、施工ができればと考えております。

【 住宅改修工事について 】

 住宅の構造や、素材、また製品の選択には、介護・福祉の分野とは違ったノウハウが要求されます。介護保険を利用した住宅改修の対象となられるお客様はご高齢の方が多く、ご家族とも別居されているケースも多々見受けられます。シニアスでは利用者様に安心して工事をお任せ頂けるように、分かりやすい説明を心掛けております。また、介護リフォームの現場では、様々な方々との協調性が重要になってきます。まずは、話しをよく聞くことから始まる介護リフォームでは、態度やマナー、口の利き方など施工以外の基本的な事を重要視してヒアリングを行っております。
 また、ご利用者様やそのご家族から出される要望の中でもトップに上げられるのが、「なんとか、保険の適用内の金額で納めたい…」「できれば、自己負担を極力少なくしたい…」といったご意見です。介護リフォームでは限られた金額の中で、いかに有効な住宅改修を行うかが重要になってきますので、状況に合わせて一番良いと思われる改修計画を分かりやすくご提案させて頂きます。

【 支払い方法を確認 】

 介護保険を利用した住宅改修には、上限20万円までの工事が対象範囲として認められていますが、保険給付金の受け取り方法には二通りあります。
 ご利用者様が一時的に工事金額を全額負担していただき、後日申請して保険給付金を受け取る方法と、全額の費用負担が困難な場合などは自己負担分のみを施工業者に支払い、残りの保険給付金は施工業者から区役所に申請を行って受領する方法です。ここでは、15万円の介護保険対象の工事を行った場合を例として説明いたします。

│償還払い
150,000円の工事をした場合、ご利用者様の負担額は1割分の15,000円となります。
償還払いの場合、介護保険での住宅改修費は、ご利用者様が、いったん費用の全額 《この場合150,000円》 を施工業者に支払い、その後、区役所の窓口に申請をすることにより、指定の口座に、自己負担分 《15,000円》 を除く保険給付分《135,000円》が振り込まれることになります。

│受領委任払い
150,000円の工事をした場合、ご利用者様の負担額は1割分の15,000円となります。
受領委任の場合、施工業者に保険給付分《135,000円》の受領を委任し、利用者は一割分 《15,000円》 の自己負担のみを施工業者に支払うのが受領委任払いです。
施工業者が、保険給付対象額の9割分を一旦肩代わりして、区役所の窓口に請求することになります。

↑ ページ先頭へ