全日本建築士会の研修

先日、社団法人 全日本建築士会の講習に行ってきました。

耐震診断と補強方法についての講習と、法改正についての座学があり、最後に健康な住まいと木造伝統建築についての講習がありました。

現在の日本住宅の寿命は、30年ほどと言われておりとても短い寿命での建築となっています。住宅保証が義務化になっても重要な部分は10年というとても短い年数です。

昔の木造建築は数百年経っても、今なお健在しています。やはり無垢の木を使い、調湿を繰り返しながら木造住宅というのは長持ちします。また維持・管理も大切な要素となってきます。

 今回の会場には、木造建築には欠かせない、鉋・ノミ・鋸・キリがたくさん展示されていました。とても貴重な道具類がびっしりと飾ってあり、それを見るとあらためて昔の大工さんの凄さを感じました!

img_2730.jpg
img_2729.jpg