国際福祉機器展2010に行ってきました。

東京ビッグサイトで開催されている福祉機器展に行ってきました。

ちなみに、10月1日は福祉用具法の施工日あわせて「福祉用具の日」になっています。

場内は撮影禁止でしたが、とてもたくさんの福祉用具が展示されていて、いろんな年代の来場者が来ていました。

中でも車椅子とベッドを展示しているメーカーが多かったのですが、各メーカーがいろんなアイデアを出して製品作りを行なっているのを実感しました。様々な福祉用具を使用することで、より安全に暮らせるようになって行くのは素晴らしいのですが、展示会ではあまりにも要介護の高齢者向けの製品が多い事が気になりました。元気な高齢者の方が圧倒的に多い中で、介護が必要にならないための予防的な位置付けの用具が無く、補助が必要になってからの製品ばかりでした。

高齢者の福祉という点から見ると、如何に元気な状態で長生きできるかという事が福祉社会になって行くと思いますので、高齢者や障がい者が安全に暮らせるようになるための用具がもっと増えればよいなぁと思いました。

fukushi.jpg

国際福祉機器展2010 http://www.hcr.or.jp/exhibition/index.html