火災報知機設置キャンペーン

今のお住まいの住宅に、平成22年4月1日から火災報知機の設置が義務化されます。

火災による死者の8割は住宅火災で、そのうち5割が発見の遅れによって亡くなられています。新築住宅は以前より義務化になっていましたが、既存住宅でも今度から義務化になり、すべての居室、台所、階段に取付けるようになりました。

火災報知機には熱式と煙式の2つがあり、火災の際に警報音で知らせてくれます。また、取り付けも天井や壁にビスで固定できるタイプのものがありますので、ご自身での取り付けも可能です。取付けの際は、煙タイプのものは設置位置で感知精度が変わりますので、壁から50cm程離して設置する事がポイントです。

シニアスでは、ご自身での取付けが難しい方や高齢者のみの世帯の方に下記の火災報知機取付けキャンペーンを行いますので、お気軽にお問い合わせ下さい。世田谷区でも下記の無料給付を行っていますが給付が2個までとなっていますので、設置箇所が足りない場合もお気軽にご連絡下さい。

※世田谷区では高齢者・障害者世帯に向けに、火災警報器給付事業を行っています。対象となるのは65歳以上の高齢者世帯で住民登録上のひとりぐらし又は高齢者のみの世帯、介護保険法で要支援・要介護者と認定された方がいる世帯と、障害者世帯で身体障害者手帳、東京都愛の手帳、精神保健福祉手帳(級・度を問わず)を持っている方のいる世帯です。
 
給付内容1世帯につき火災警報器2個を給付しています。煙式を寝室用に設置して、熱式を台所に各1個ずつ設置します。聴覚障害者世帯には「フラッシュベル」、重度心身障害者には「外付け用警報ブザー」を別途支給しています。

費用は一切掛かりませんので、高齢施策推進課/障害施策推進課までご連絡すると対応して頂けます。

    電話03-5432-2407/FAX03-5432-3021

☆キャンペーン情報☆

【内容】     住宅用火災報知機の取付け

【対象者】   世田谷区にお住まいの方に限ります。

【設置位置】 各居室、台所及び廊下、階段など

【費用】     1ヶ所/税込み3,500円 (設置費用を含む全て)

【使用製品】 パナソニック 製/熱式タイプ・煙式タイプ 
【期間】      平成21年12月5日~平成22年3月31日
【申込方法】 電話、FAX、メールにてキャンペーン情報をお伝え下さい。

【連絡先】 電話:03-3418-6446  FAX:03-5779-4241

townmall_y-kaden-sh28155.gif
townmall_y-kaden-sh28455.gif

 ・火災発生や機器の異常をわかりやすい「声」でお知らせします
・自動試験機能で機器の異常をお知らせします
・日常使用状態の汚れなどによる感度変化を自動補正します
・火災発生や機器の異常を赤いLEDでお知らせします
・電池寿命が約10年の長寿命タイプです(専用リチウム電池)
・眠りを妨げないよう、夜間に鳴りにくい電池切れ警報遅延機能付
・天井にも壁にもカンタンに取り付けられます
・安心のNSマーク付(日本消防検定協会のマークです)
質量 約120g(電池含む)
寸法 φ100×高さ42(mm)