~「民泊」が話題に~

一般家庭やマンションの空室などを旅行者に貸し出す「民泊」が話題になっています。

海外からの旅行者には、日本で暮らすような滞在ができると評判だとか。

個人的な話になりますが、現在海外に住んでいる友人家族が

今年7月に一時帰国した際、民泊を利用していました。

「民泊」について詳しく知らなかったので説明してもらうと、

マンションなどを所有している人が自分が使用しない時に貸し出すもので、

布団やベッドはもちろん、キッチンなどの設備が整っているため

旅行者が短期間滞在するのに便利だそうです。

まだ日本ではメジャーではないが、海外では知られた宿泊方法とのことでした。

友人のように家族で、となるとホテルでは高くつきますし

以前住んでいたエリア限定で滞在したいとなると、

住宅地のためそもそもホテルがありません。

知り合いの家に泊まったこともあるようですが、

家族5人ということもありお互いに気を遣います。

調べてみたら民泊できる家が希望のエリアにあったため

試してみることにしたそうです。

オーナーさんも良い方で、快適な滞在だったとのこと。

こんな宿泊方法もあるのかと感心していた矢先、

問題のある「民泊」のニュースが耳に入るようになりました。

●夜遅くまで騒いでいてうるさい

●マンションの共用部分にゴミが散乱している

●安全性を重視してオートロックのマンションを購入したのに

四六時中知らない人が出入りしていて怖い

などなど、近隣住民にとって深刻な問題となっているのです。

とはいえホテル不足も切実なようで、増え続ける旅行者に対応するため

民泊に頼らざるを得ない実情も垣間見えます。

「民泊」を上手に活用するにはどうしたらいいのでしょうか?

次回は、民泊についてもう少し掘り下げていきたいと思います。