~「民泊」のメリットとデメリット~

引き続き「民泊」のお話です。

民泊の定義は特にないようですが、最近の使われ方をみると

自宅の空き室などを宿泊用に有料で貸し出すことを指すようです。

2008年に設立されたアメリカの空き部屋仲介サイトなどを通じて

海外では普及している宿泊方法で、

最近になって日本でも知名度が増してきました。

ビジネスとして拡大し、利用者に喜ばれる一方

様々な問題も発生しています。

【メリット】

●ホテル不足を補う

●安く利用できる

●国際交流の場となる

●外国人にとって、日本の生活を体験できる

●空家・空き部屋を有効に利用できる

【デメリット】

●災害時や衛生面などに対応していない施設がある

●近隣住民にとって、迷惑行為や不安材料になる

●犯罪に利用される可能性がある

*    *    *    *    *    *    *

日本の宿泊施設は旅館業法などにより基準が定められていますが、

民泊は法的な位置づけが曖昧なまま急速に広がっていて

多くは許可を受けずに営業しているのが現状です。

様々なトラブルが表面化してきた事態を受けて、

一定の要件で「民泊」を認定する制度が始まりました。

次回は制度の詳細をご紹介したいと思います。