~まち・ひと・しごと創生基本方針2015~

6月30日、地方創生へ向けた

『まち・ひと・しごと創生基本方針2015』が閣議決定されました。

地方創生をめぐる現状認識として

◆人口減少の現状

◆東京一極集中の傾向

◆地方経済の現状

の3点を挙げ、 課題解決のために、

◆地方にしごとをつくり、安心して働けるようにする

◆地方への新しいひとの流れをつくる

◆若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる

◆時代に合った地域をつくり、安心なくらしを守るとともに、地域と地域を連携する

といった提案をしています。

ビッグデータの活用などによる情報支援や様々な人的支援、

新型交付金の創設などによる財政支援により、

政策を推進していく方針のようです。

具体的には、大きな柱として高齢者が地方に移住する

「日本版CCRC」構想の推進が挙げられていました。

次回詳しくお話ししたいと思います。