~シニア世代の自宅の活かし方 part3~

2度にわたり取り上げた日本経済新聞の記事、『シニア世代 自宅を生かす』。

前回は「住み続ける→リフォーム」についての内容でした。

今回は「住み続けない→住み替え」についてご紹介します。

【住み替え編】

住み替えをするにあたり、まず必要になるのが

自宅を売るのか貸すのか、という選択です。

新居購入資金を一度に確保するなら売却が良いですし、

資産として残したい場合は貸す選択となります。

ただし、それぞれリスクもあります。

【売却する場合】

●希望価格で売却できない場合がある

●売却までの期間が見通せない

●売却前の測量や納税などのコストがかかる

【賃貸する場合】

●借り手が見つからない場合がある

このようなリスクを理解したうえで、

様々な条件を検討して判断されると良いでしょう。

記事では賃貸の空室対策として

「移住・住みかえ支援機構(JTI)」が提供する

「マイホーム借り上げ制度」を紹介しています。

家賃は相場より安くなってしまいますが、

空室時には85%程度を保証してくれるそうです。

ホームページではしくみや実例などがわかりやすく説明されていますので

ご興味がありましたらご覧になってみてください。

「移住・住みかえ支援機構」のホームページはこちら↓

http://www.jt-i.jp/

シニア世代の自宅の活用方法については、このブログでも何度か取り上げています。

よろしければぜひご覧ください。

「住み替えで老後資金を確保」 https://setagayaku.jp/blog/?p=287

「住み替えで老後資金を確保 part2」https://setagayaku.jp/blog/?p=289

「住み替えで老後資金を確保 part3」 https://setagayaku.jp/blog/?p=290

「老後資金を確保 リフォーム編」https://setagayaku.jp/blog/?p=295

「老後資金を確保 リフォーム編part2」https://setagayaku.jp/blog/?p=297

「住み替えという選択」 https://setagayaku.jp/blog/?p=308