~リフォーム支援策が拡充~

この春から、国のリフォーム支援策が広がります。

キーワードは 『3世代同居』。

3世代同居のためのリフォームなら、基準を満たせば

◆今までの補助に加え50万円加算される

◆リフォーム投資型(又はリフォームローン型)減税の対象となる

とのことです。

政府によると「出産・子育てへの不安や負担が大きいことが

少子化の要因の一つであることを踏まえ、

安心して子どもを育てられる環境整備の手段として、

世代間の助け合いを図るための三世代同居を促進するため」

と説明していて、少子化対策の一環の事業のようです。

実際に3世代同居が増えるかどうかはわかりませんが、

このようなリフォームをお考えの方には朗報ではないでしょうか。

*     *     *     *     *     *

話は変わりますが、1月下旬

日銀によるマイナス金利政策の発表がありました。

あれから1か月以上が経ち、様々な余波が出ているようです。

例えば住宅ローン。

金利が下がって借り換えが急増し、住宅購入を考える人も増えているとか。

リフォーム支援策にしろマイナス金利にしろ、

否定的な意見も多いようですが、上手に利用したいものです。