~中古住宅には『住宅インスペクション』を~

消費税増税の決定時期が迫り、行方が気になる方も多いのではないでしょうか。

巷では決定前にも関わらず、増税を見据えた商戦が熱気を帯びてきているようです。

住宅販売やリフォーム業界でも、消費意欲を喚起する取り組みが目につきます。

実際反応もいいようで、駆け込みが始まりつつあるとの見方もあるのだとか。

2%とはいえ住宅のように千万単位の高額な商品になると

数十万円もの差が出ますから、確かに増税前を狙いたくなりますが

焦っていい加減に選ばないようにしたいものですね。

例えば中古住宅。

取引では不動産業者が仲介するのが一般的ですが、

設計やメンテナンスのプロではないため、

欠陥住宅の不安を抱えたまま購入に至るケースもあるようです。

そんな時は「住宅インスペクション」を利用してはいかがでしょうか。

「住宅インスペクション」とは、「住宅診断」「住宅検査」を意味し、

売買契約を結ぶ前に、欠陥がないかどうかを調べるサービスです。

専門業者に依頼すると5~10万円が相場のようですが、

安心料としては高くないのではないでしょうか。

売り主にとっては、きちんと診断してもらった方が

むしろ高く売れるとの考え方もあるようです。

シニアスには「ホームインスペクター(住宅診断士)」

という資格を持つスタッフがおります。

リフォームでももちろん診断できますので、お気軽にご相談ください。

住宅インスペクションについては、以前こちらのコーナーでも紹介しています。

どうぞ参考になさってください。

→ https://setagayaku.jp/blog/?p=311