~中古住宅市場が活況~

日本経済新聞によると、昨年全国的に中古住宅の成約件数が上昇し

首都圏ではバブル後以来の高値を記録したそうです。

新築住宅に増税の影響が出始めたことから、

中古の伸び率が際立った格好とのこと。

弊社でもありがたいことにリフォームのご相談が増えていますので、

頷ける内容です。

この状況が増税でどうなるのか気になるところですが、

中古住宅の売買が個人間なら業者が仲介しても消費税がかからないことから

増税後もこの傾向は続くかもしれません。

大手不動産会社が中古住宅の販売や仲介に

力を入れ始めるなどの動きもあるそうで、

中古住宅市場が景気を下支えするほどの効果を生み出すのでは

との見方も出ているようです。

中古住宅の中には空き家も含まれますので 、

このブログで何度も取り上げている空き家の問題が

この活況を受けてわずかでも改善することを期待しています。