~住み替えで老後資金を確保 part2~

前回ご紹介した 「老後を安心して暮らすための資金を得る方法」 では、

地価の高い地域から安い地域へ移住することにより得た売却益を

老後資金に充てるお話でした。

現在暮らしている地域より地価が安い場所に地縁があったり

暮らしてみたいと思える魅力があれば問題ありませんが、

多くの方は 長年慣れ親しんだ地域から離れたくない、

と感じていらっしゃるのではないでしょうか。

このような方には、お住まいの地域の中で住み替えて

売却益を得る方法がおすすめです。

例えば

●子供たちが巣立って夫婦2人、使わない部屋がある

●車を手放したので、便利な駅近くに住みたい

●一戸建ては防犯上不安がある・維持が大変

・・・というような思いをお持ちでしたら・・・

●土地や建物面積の狭い家に住み替える

●戸建からマンションへ住み替える

・・・などの住み替え方法が考えられます。

日経新聞の記事では 『大→小』 『遠→近』 『広→狭』 『新→古』

などと表現されています。

ライフスタイルに応じて発想を転換してみると、

選択肢が意外に多いと感じられるかもしれません。

ただし「老後資金」という観点から高齢者向けの住み替えと考えると

不便な場所や、リフォームでも対処できないような

古くて使い勝手が悪い物件は避けた方が良いでしょう。

このような考え方は、私共 シニアス が得意としています。

シニア向けリフォームはもちろん、

バリアフリー平屋住宅への住み替えなど

様々な提案をさせていただいております。

ご興味がありましたら是非各ページをご覧ください。

バリアフリーリフォーム→ https://setagayaku.jp/reform/

バリアフリー平屋住宅→  https://setagayaku.jp/hiraya/