~住み替えで老後資金を確保~

安心して老後を暮らすための資金……

不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

先日の日本経済新聞に、『住み替えで老後資金を確保』

という記事が載っていました。

特に都市部に持ち家がある人は、

現住所より地価が安い場所に住み替えることで

まとまったお金を得られる可能性が高いとのこと。

記事では練馬区から千葉郊外への住み替えで2000万円、

中央区から栃木の那須高原への住み替えで

1500万円を得た事例が挙げられていました。

那須高原の家は、建築家に依頼して3000万円をかけたこだわりの設計。

自然豊かで住環境も格別だそうです。

その上でまとまった老後資金が残るのですから、とても魅力的ですね。

また、税金面でも有利なようです。

売却益の譲渡所得税は自己居住用に限り、

売却益が3000万円以内なら控除で非課税になります。

退職前の世代へのアンケート調査では、

老後資金獲得のために

●住み替えを検討している人→10%

●住み替えを実施した人→5%

と、まだまだ認知度が低いようですが

検討する価値はあるのではないでしょうか。