~冬を乗り切る省エネリフォーム~

先日の日本経済新聞に、

『住宅の省エネ性能を高めるリフォーム熱が高まっている』

という記事が載っていました。

夏に続き冬も電力供給不足が懸念される中、

「窓などを断熱タイプに交換すればエアコンの使用量が抑えられるため」 であり

「住宅エコポイントの再開も消費者を改修工事へと突き動かしている」 としています。

実際にリフォームを検討する人は、2009年に比べ4割増加しているのだとか。

住宅設備機器各社も続々と新製品の発売に乗り出していて、

既存窓に追加できたり交換できる窓、室内の壁や床に張る断熱パネルなど

昨年以上にバラエティーに豊んだ商品が登場しています。

このようなリフォームを是非ご活用いただき、省エネでも暖かい冬をお過ごしください。