~地方移住~杉並区の場合~

前回のテーマ「地方移住」。

内閣府の2014年調査で、東京在住者の約4割が

地方に移住したいとの結果を得たとご紹介しました。

杉並区が6月に中高年層の区民に実施したアンケートでも

地方移住に興味を持つ人が4割超を占めたそうです。

杉並区は静岡県南伊豆町への移住促進策に着手していて、

具体的なニーズを探るための調査だったようです。

興味深いのが、

◆1か月から数か月、季節に応じて暮らす「シーズンステイ」

◆3~5年程度移住した後杉並に戻る「お試し移住」

◆「完全移住」

といった移住期間に関するものでした。

移住肯定派の中で最も多かったのは

「シーズンステイ」で59%とのこと。

これなら別荘感覚で気軽に楽しめそうですね。

「お試し移住」は、完全に移住してしまうのは不安、

といった方に良さそうです。

数年単位なら杉並の家を賃貸に出すこともできますから、

金銭的な問題も解消されるでしょう。

受け入れる南伊豆町は、廃業した旅館を改修し

移住希望者への支援拠点を整備するそうです。

杉並区と南伊豆町そして移住者皆が

メリットを享受できるシステムの構築に期待したいと思います。