~外壁の補修~

先日日本経済新聞に、外壁補修に関する記事が載っていました。

3月の震災で外壁にひびが入ったという大田区の住宅を例にして、

修繕方法や工事業者を選ぶポイントなどをわかりやすく解説しています。

修繕方法は、補修・モルタル塗装・サイディング張りの3パターンで、

それぞれのメリットとデメリット、費用の目安が紹介されていました。

補修は自分でもできるため、費用は材料費の数千円~となっていましたが、

モルタル塗装は80万円~、サイディング張りは240万円~と

大きな開きがあります。

(延べ面積30坪の場合で、工事費込)

サイディングはメンテナンス性や美観に優れていますが

モルタルを剥がす解体費がかかるため、高価になってしまいます。

モルタルは安価ですが、部分的な塗装だと美観が良くないだけでなく

モルタルの継ぎ目に細かい隙間が発生しやすいのが欠点となります。

しかし最近では、モルタルの塗料やコーキング材の性能が向上していて

強度が高まる製品もあり、一概にどちらが良いとは言い難いのが現状です。

外壁の現状や予算・希望などをふまえ業者に相談されると良いと思いますが、

記事では、外壁に限らず住宅のリフォームでは工法や製品の選択肢が多く、

最適な工法や工事の適正価格が分かりにくいと書かれています。

適正な工事業者か判断するポイントとして、以下の項目が挙げられていました。

信頼できる業者選びの参考にされてはいかがでしょうか。

***** 

①現状の診断結果を写真などで説明してくれる

②補修方法を明確に提案してくれる

③見積もりが 「一式」 は避ける

④施工後の保証がある

⑤メンテナンス(定期無料点検)をしてくれる

***** 

私たちシニアスの塗装部門 「ペンキ屋むさし」 では

前述のポイントはもちろんのこと、低価格で高品質な仕上がりをモットーに、

精一杯施工させていただいております。

ご相談やお見積もりは無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ペンキ屋むさしのホームページはこちら

http://www.tosou-ya.net/