~失敗しないバリアフリー工事のために~

家づくり情報誌 「日経ホームビルダー」 の9月号に

『役に立たないバリアフリー住宅』 という特集記事がありました。

施工業者の怠慢や認識不足によるものも多く、

日々バリアフリー工事に携わる者として見逃せない内容でした。

具体的には、

●ヒヤリング不足

●動作確認不足

●マニュアルや常識にとらわれすぎ

など、本当に使いやすく安全なものにしようという意識が

足りないために失敗してしまったケースが目立ちました。

また、 

お客様のためにという意識はあるものの

コミュニケーション不足で失敗するケースもあるようです。

他には、

デザイン面やご家族の希望など、

配慮すべき項目が挙げられていました。

シニアスでは、手すりの位置を決める際などには、

実際にどのように使用されるのか動作確認を行うなど

細かい事前調査を行っています。

設置位置が悪いと役に立たないばかりでなく

危険になることさえあります。

お客様にとってより良い工事になるよう

これからも努力して参りますので

シニアスをどうぞよろしくお願いいたします。