~既存住宅インスペクション・ガイドライン~

「インスペクション」 という言葉をご存知でしょうか?

専門家による品質評価を意味する場合が多く、

住宅でしたら 「住宅診断」 「住宅検査」 を指します。

住宅は品質や性能が様々で、

中古住宅では維持管理や経年劣化等で更に差が生じます。

中古住宅の品質等に消費者が不安を感じ

インスペクションサービスへのニーズが高まっていることから、 

国土交通省は今年6月に

『既存住宅インスペクション・ガイドライン』 を策定しました。

検査・調査を行う者の技術的能力の確保や

検査・調査の項目・方法等のあり方について取りまとめたものです。 

判断の指針を示すことで

検査する者の技術や検査基準に左右されにくくなり、

適正な業務の実施を目的としています。

シニアスには既に 「ホームインスペクター(住宅診断士)」

という資格を持つスタッフがおります。

住宅全体の劣化状況や欠陥の有無を目視でチェックし、

メンテナンスすべき箇所やその時期、おおよその費用などを

「中立な立場」でアドバイスする資格です。

リフォームの際にも是非お役立てください。

『既存住宅インスペクション・ガイドライン』 については

国土交通省のホームページをご覧ください。

→ http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000464.html