~東京圏高齢化危機回避戦略~

こちらのブログで以前ご紹介した「日本創成会議」。

昨年『ストップ少子化・地方元気戦略』というレポートを発表し、

2040年には全国1800市区町村の半分の存続が難しくなる、

といった衝撃的な内容が話題になりました。

ご紹介した記事はこちら↓

https://setagayaku.jp/blog/?p=363

この「日本創成会議」が今年も新たなレポートを発表し、

物議を醸しています。

タイトルは『東京圏高齢化危機回避戦略』。

東京圏一都三県の高齢化に焦点を当て、

急速な高齢化がもたらす問題点と対処について示しています。

対処法は具体的に

①医療介護サービスの「人材依存度」を引き下げる構造改革

②地域医療介護体制の整備と高齢者の集住化の一体的促進

③一都三県の連携・広域対応が不可欠

④東京圏の高齢者の地方移住環境の整備

の4点が挙げられていますが、最も話題になっているのは4番目。

医療介護体制が整っていると判断された地方に、

東京圏の高齢者の移住を勧める内容になっています。

名前の挙がった自治体では、歓迎する意見もあれば

人材が足りなくなるのでは…など困惑する意見もあり、

立場や考え方による反応の違いが感じられました。

肝心の移住する高齢者側に立ってみれば、

現代版姥捨て山だ!などと怒りの意見も目立ちます。

結果的に昨年に続き、衝撃的な内容だといえるでしょう。

対処法の是非はともかくとして、

高齢化自体は待ったなしの状況にある訳ですから

今一度真剣に考える良い機会になったことは間違いありません。

詳細は日本創成会議のホームページをご覧ください。

http://www.policycouncil.jp/