~省エネ改修に新たな補助制度~

経済産業省は、既存住宅の省エネ改修補助事業として

平成25年度「既築住宅における高性能建材導入促進事業」を実施します。

これは、「高性能建材の市場拡大と価格の低減により

既築住宅の省エネ改修を促し、省エネを推進するため、

省エネルギー性能の高い高性能建材を用いた改修を行う者に補助金を交付し、

予算の範囲内において、その活動を支援するもの」 です。

つまり、断熱材や断熱性能の高い窓などのリフォームの際に

補助が受けられるということです。

省エネリフォームを考えている方には朗報ではないでしょうか。

*****************************************************************

申請者の資格としては、下記(1)(2)いずれかに該当する者が対象となります。

(1) 戸建住宅・集合住宅(分譲)の所有者。

   ただし、当該住宅が下記A・Bの条件を満たす場合に限る。

    A. 申請者が常時居住する住宅であること。

      (住民票に示す人物と同一であること)

    B. 専用住宅であること。(店舗等と居住部分が同一住宅の場合、

      エネルギー(電気・ガス等)を分けて管理できていること。

      及び断熱工事においても区分されていること)

(2) 集合住宅(分譲)の管理組合、集合住宅(賃貸)の所有者。ただし、原則当該集合住宅の全戸を改修する場合に限る。

******************************************************************

補助率は補助対象経費の1/3以内、金額の上限は 150万円/1戸とのことです。

7月4日から補助対象となる製品の公募が始まっていて、

一般公募が開始されるのは8月上旬の見込みです。

詳細は 「既築住宅における高性能建材導入促進事業」 の

ホームページをご覧ください。

http://www.zero-ene.jp/material/