~豊島区が消滅!?~後編~

前回に続き、『日本創成会議』が発表したレポートの中で

東京23区で唯一消滅可能性都市に挙げられていた

豊島区についてのお話です。

今回は脱消滅都市への豊島区の挑戦をご紹介します。

この3月に、豊島区主催の

「リノベーションスクール」が開催されました。

実際の空き家物件を対象に改修や再利用の計画を練るもので、

事業収支なども盛り込んだ実践的な内容でした。

発表された案のうち、所有者と話がまとまったケースもあったそうです。

豊島区では家主さんと住民をまとめるなど、

既存の建物を活用する民間の取り組みが

行政に先行して既に始まっているようです。

2013年の豊島区の空き家率は、23区内で不名誉な第1位。

そのうち約8割は賃貸物件とのことです。

入居者のいない賃貸物件をいかになくしていくか、が

キーポイントと言えそうで、上記の取り組みは

地道なようでも王道なのかもしれません。

豊島区といえば今月新庁舎が完成しました。

上層階が民間の分譲マンションであること、

また隈研吾さんがデザインされたことで話題になりましたね。

旧庁舎跡地を定期借地で貸出し、

その地代により借入れゼロで建替えたそうです。

このように様々な方面から対策を講じていけば

消滅都市の汚名を返上する日も近いかもしれません。