~高機能な内装材 その2~

前回に引き続き、内装材のお話です。

例えば玄関ではニオイが、洗面室では湿気が気になりますよね。

お部屋に合わせて必要な機能をチョイスしましょう。

【壁材】

●湿度を調整してくれる吸放湿機能

 じめじめする梅雨時や冬場の乾燥時に力を発揮します。

●ニオイを吸着・分解・消臭する機能

 調理や生ゴミのにおいが気になるキッチンやトイレなど。

●カビなどの菌が繁殖しにくい抗菌機能

 湿度の高い洗面脱衣室や通気性の悪いクローゼットなど。

●傷や衝撃に強い耐久性

 幼児やペットのいるご家庭におすすめです。

●汚れに強く掃除が楽な機能

 出入りの多いLDKや水廻りなど汚れやすい場所。

壁紙はもちろん、塗り壁材やタイル状の壁材などもあります。

予算や好みに合わせて選択されると良いでしょう。

壁紙の張替え時期は10年程度と言われています。

模様替えを兼ねて、張り替え(塗り替え)てみてはいかがでしょうか。

【床材】

●フローリング

 無垢材の特徴は種類により異なりますが、

 全体的に温かい質感で感触が柔らかいのが特徴です。

 吸放湿機能を持つものもあり、梅雨時でもべたつかず快適に過ごせます。

 複合フローリングには、水廻り用に耐水性を高めたものや、

 ワックス不要でメンテナンス性を高めたものもあります。

●クッションフロア

 水に強いので、水廻りに多く用いられます。弾力があるのも魅力です。

 トイレ用として、アンモニアに強い商品もあります。

●その他

 カーペット/畳/コルク/石材/タイル など