~高齢者に優しい住宅設備~

少し前の話になりますが、日本経済新聞に

高齢者に優しい住宅設備についての記事が載っていました。

現在65歳以上の高齢者がいる家庭は

約2千万世帯もあるそうです。

そのうち

●初歩的な配慮を加えた住宅→4割 

(手すりの設置など)

●高度なバリアフリー住宅→1割未満

(車いすで通行可能な廊下幅などの条件を満たすもの)

とのことで、高齢者が暮らす住まいの条件は

まだまだ整っていないと言えるでしょう。

しかし住宅設備メーカーから見れば

バリアフリーリフォームは、新築市場が伸び悩む中

とても魅力的な市場として注目されているようです。

少しご紹介すると・・・

【LIXIL】

階段の手すりの下に照明を設置

→足元を効果的に照らすため、

高齢者が最も困難と感じている階段移動が

夜間でも安全に行える

【TOTO】

寝室に設置可能な水洗トイレ

→通常のトイレは管が太く、壁に大きな穴を開けることになり

設置場所が制限されるが、管を細くすることで選択肢が広がった

【YKK-AP】

車いすで出入りできる窓

→玄関のリフォームは大幅な設計変更を伴うため、

リビングなどの窓を玄関代わりにする方法を提案 

…などなど、各社知恵を競っています。

また国土交通省はバリアフリー化の目標を設定し、

昨年11月からバリアフリー住宅の建築費補助を開始しました。

バリエーションが豊富で、予算や身体状態・好みなどに

合わせられるリフォームができるよう、

住宅設備メーカーさんの更なる頑張りに期待したいですね。