東京マルイ vsr10 リアルショック

この広告は、90日以上更新していないブログに表示しています。

「他力」という言葉をどう解釈しようが個人の勝手だが、僕の解釈は数年前に作家の五木寛之さんに影響をうけたものになった。

「自分ではどうすることのできない大きな力」

と、今ならこう説明する。

これが必ずしも五木寛之さんの語るところのものではないが。
五木寛之さんから影響を受けた僕が語る「他力」である。

この世の中には、自分でどうにかできることと、どうあがいてもどうにもならないことがあると思う。

結局それらは自分のせいではなくて、与えられたものなんだと。

それが他力だと。

数ヶ月ぶりの投稿とは思えない雑文ですが、どうかお許しください。    

ところが、それを20分以上かけてみる。

すると、なんともやさしい味わいになる。

「飲みやすい」という言葉がすごく合うコーヒーになります。

そんなコーヒーなら、市場によく出回っているだろう、と思いますが、実際のところそう多くはないと思っています。

なぜなら、コーヒーの産地特有の性質を生かしきれないこと。風味が抜けてしまうという理由が考えられるからです。

今2018年現在は、産地の風味特性を表現するスペシャリティコーヒーの波があります。

そこまで何種類もの豆を低温長時間焙煎してみてないのでなんともですが、その焙煎方法には、「どんな豆でもそれなりに美味しくなる」という特性がある気がします。

豆によっては採用するのもありかもしれない、といったところです。

数日後、水膨れを裂くとまだ新しい皮膚ができてなかった。

関節だからなかなか治らない。

もうほとんど痛くもない。

だって、目に見える材料なしに、新たな皮膚が再生するんですよ?

建築物は、目に見えるものからしかできない。

農作物は、目に見えないものからできる。

そこが大きな違いです。

そう思うと、なんだか確かにと思います。

・・・

徐々に治っていく皮膚をみて、なんだか不思議な気分になったお話でした。

ってか怪我ってすごい字ですね。

引用をストックしました

引用するにはまずログインしてください

引用をストックできませんでした。再度お試しください

限定公開記事のため引用できません。

多機能がすぎる! フリーヘーテン / FRIHETEN ソファーベッド">