MENU

マーケットリスクプレミアム関連情報です。インプライド法とヒストリカル法による最新の推定値も随時更新します。

パラブーツ ランス フォック paraboot シャンボード ミカエル アザラシ">


ベータ値が取得できます。個別銘柄のヒストリカルベータやBloomberg方式による修正ベータ、および、業種で集計した業種集計ベータも公開しています。

遊戯王 YCS2017 神炎皇ウリアプレイマット(ウリアスリーブ60枚付き)">

ツールをダウンロードできます。早稲田大学インベストメントバンキング講座・ファンドマネジメント講座で利用するツールはここから入手できます。

us.navy サービスシューズ">

投資家から調達した資金に対して支払うコストのことを言います。
企業が株式の発行や銀行からの借入によって得た資金に対して、配当や金利で資金の提供者に対して支払う費用です。

企業に対して投資した資金の見返りとして要求する期待リターンとも言えます。株主資本コスト=リスクフリーレート + \(\beta\)×市場リスクプレミアム
負債の金利支払いによる節税効果を無視した場合
以下の式となり単純な加重平均で求められます。
\(D:\) 負債額、\(E:\) 株主資本額、\(r_D:\) 負債コスト、\(r_E:\) 株主資本コスト
$$WACC=\frac{E}{E+D}r_E+ \frac{D}{E+D}r_D $$

株主資本=2000万円、負債=1000万円
株主資本コスト=8%、負債コスト=2%
$$WACC=\frac{2000}{2000+1000}\times 8\% + \frac{1000}{2000+1000}\times 2\% = 6\%$$

負債の金利支払いによる節税効果を考慮した場合

利払い分は費用として計上できるため、その分資本コストが低下します。
実行税率=tの時
$$WACC=\frac{E}{E+D}r_E+ (1-t)\frac{D}{E+D}r_D $$

上記と同様な条件で実効税率=30%
$$WACC=\frac{2000}{2000+1000}\times 8\% + (1-0.3)\times\frac{1000}{2000+1000}\times 2\% = 5.8\%$$
節税効果を考慮しない場合とのWACCの差0.2%は、金額で換算すると3000万円×0.2%=6万円となります。 Cost of Capital

Copyright © 資本コスト All Rights Reserved.

Powered by ウェアハウス DSB S1000XX 大戦 デッドストックブルー ジーパン"> with G2450 Tokai ST-50 Springy Sound 1981年"> & 27.5 Nike Air Max 95 OG "> by 刻印入りトゥアレグ族 ワイドバングル tuaregjewelry"> technology.

KENWOODデジタルルームミラー型ドライブレコーダー">