ラテアートに最適なミルクピッチャーです 当店一番人気 シャープスパウト カラーバージョン WPM ミルクピッチャー HC7107W 白 3339円 ラテアートに最適なミルクピッチャーです。シャープスパウト。カラーバージョン。 WPM HC7107W WPM ミルクピッチャー シャープスパウト 白 家電 キッチン家電 コーヒーメーカー・エスプレッソマシン その他 3339円 ラテアートに最適なミルクピッチャーです。シャープスパウト。カラーバージョン。 WPM HC7107W WPM ミルクピッチャー シャープスパウト 白 家電 キッチン家電 コーヒーメーカー・エスプレッソマシン その他 ラテアートに最適なミルクピッチャーです 当店一番人気 シャープスパウト カラーバージョン WPM ミルクピッチャー HC7107W 白 /bourasque320903.html,ラテアートに最適なミルクピッチャーです。シャープスパウト。カラーバージョン。,setagayaku.jp,3339円,白,家電 , キッチン家電 , コーヒーメーカー・エスプレッソマシン , その他,WPM,HC7107W,ミルクピッチャー,WPM,シャープスパウト /bourasque320903.html,ラテアートに最適なミルクピッチャーです。シャープスパウト。カラーバージョン。,setagayaku.jp,3339円,白,家電 , キッチン家電 , コーヒーメーカー・エスプレッソマシン , その他,WPM,HC7107W,ミルクピッチャー,WPM,シャープスパウト

ラテアートに最適なミルクピッチャーです 当店一番人気 シャープスパウト カラーバージョン WPM ミルクピッチャー HC7107W 日本限定 白

ラテアートに最適なミルクピッチャーです。シャープスパウト。カラーバージョン。 WPM HC7107W WPM ミルクピッチャー シャープスパウト 白

3339円

ラテアートに最適なミルクピッチャーです。シャープスパウト。カラーバージョン。 WPM HC7107W WPM ミルクピッチャー シャープスパウト 白



★ WPM HC7107W WPM ミルクピッチャー シャープスパウト 白 (HC7107W)

特徴・機能 どんな商品?
ラテアートに最適なミルクピッチャーです。シャープスパウト。カラーバージョン。
・上部が斜めにカットされていることで、ミルクの流量がコントロールしやすくなっています。
・内部に刻まれた目盛りで、1杯のカフェラテを作るのに最適な180ccのミルクを測ることができます。
・細いラインを描くのに適したシャープスパウトのモデルです。

■ シャープなスパウトで、細かい柄が描きやすい。
■ ハンドルが大きく持ちやすい。
■ 斜めになったトップにより、傾きを大きく変えることなくミルクを流せるので、流量のコントロールがしやすい。


ラテアートに最適なミルクピッチャーです。シャープスパウト。カラーバージョン。 WPM HC7107W WPM ミルクピッチャー シャープスパウト 白

PICK UPピックアップ

  • 2021/10/19

    日本ジーンズ界の重鎮が語る、独自の進化を遂げる「日本のジーパン」秘話

      本書を読んでまず気づくのは、著者のジーパン愛だ。著者は自身のジーンズブランドのデザイナーであり、日本ジーンズ界の重鎮でもある。この本は、誰のクローゼットにも一本くらいはあるのではと思わせる定番ファッションアイテムの歴史を紐解いた一冊。しかも語られるのは、ファッションアイテムとはべつの「ジーパン」についてだ。   ジーンズは時代やトレンドとともに変化してきた。細身のものや19

  • 2021/10/18

    なぜ、いま本屋を開くのか? 店を始めるまで気づかなかった「社会の性差別」

      東京にある本屋Readin’ Writin’ BOOKSTOREを経営する主人の前職は、新聞記者である。30年ものあいだ続けた新聞記者生活を引退して、次に選んだ仕事がどうして本屋なのか。その答えは「正直、自分自身もよく分からない」そうだ。本書には「いろいろな人たちとの出会い」をきっかけに、妻の不機嫌をたしなめながら動き出した本屋開業までの道のりが書かれている。   本書は、

  • 2021/10/18

    『おはしさま 連鎖する怪談』著者新刊エッセイ 玉田誠

    台湾・香港怪談の魁として   映画『返校 言葉が消えた日』を観た。2019年の台湾で大ヒットしたダーク・ホラーであるこの作品は、あるもののフーダニットを巡るミステリでもある。本作も怪談であり、仕掛けを凝らしたミステリであるという点で、この映画と相通じるものがあるように感じた。   本作はサブタイトルに「連鎖する怪談」とある通り、怪談小説として手に取られる読者が多いかと思う。三津

もっと見る

STAND立ち読み

もっと見る

NEWSイベント・ニュース

もっと見る

SERIES連載

もっと見る