トイレ

Before
トイレの出入り口にはドア枠による段差があり、つまづきやすい状態でした。
After
ドア枠を撤去し、廊下とトイレの床がフラットになるように施工しました。
Before
和式トイレは立ち座りの負担が大きいため、足腰が弱くなるとつらいものです。
After
負担の少ない洋式トイレに変更し、手すりを設置して安全性を高めました。
Before
トイレのドアは、開閉の際に姿勢が不安定になりやすい開き戸でした。
After
立ち位置の移動がなく、安定して開閉ができる引き戸に変更しました。

玄関

Before
玄関には体を支えるものがなく、靴の着脱などの際不安定な状態でした。
After
二本の手すりを設置して、靴の着脱や上り框に上がる動作が楽になりました。


浴室

Before
窓枠部分に手すりを取付け、昇降時につかまりながら動作が行えるようにしました。
Before
浴室の洗い場用椅子への上下動作の際に、つかまりやすい位置に手すりを設置します。
Before
脱衣室の床とフラットになるように、ユニットバスを組み立てます。
After
既存の窓にも配慮しながら、ユニットバスがぴったりと収まりました。
After
浴室には引き戸を設置しました。開閉時の負担が少なく開口が広く取れます。
After
浴室には手すりを複数設置しました。様々な動作の負担を軽減してくれます。

脱衣所

After
ドア脇の手すりはドア開閉時だけでなく、浴槽に出入りする際にも便利です。
After
脱衣室と浴室との段差がなくなり、出入りがスムーズになりました。
Before
脱衣室入口には引き戸のレールがありましたが、吊り戸にしてレールを撤去しました。
After
レール撤去後脱衣室と廊下の床が平らになるよう、脱衣室の床を張り替えました。
After
浴室には引き戸を設置しました。開閉時の負担が少なく開口が広く取れます。
After
浴室には手すりを複数設置しました。様々な動作の負担を軽減してくれます。