階段

Before
階段は踏み外すと大怪我につながりますから、家の中でも危険な場所です。
After
身体状況に合わせ、使いやすい位置に手すりを連続して設置しました。
Before
階段の折れ曲がる箇所は内側の幅が狭くなるため、踏み外しやすく危険です。
After
夜間は足元を照らす灯りがあると、踏み板が確認できて安心です。
Before
階段昇降の際つかまるものがなく、壁に手を付いて身体を支えていました。
After
途中で途切れることなく連続して手すりを設けると、安定して昇降できます。
Before
階段は降りはじめで踏み外すと被害が大きくなるため、特に注意が必要です。
After
階段の手前から連続して手すりを設置する事で、踏み外す危険を回避できます。
Before
階段の折れ曲がる箇所は内側の幅が狭くなるため、踏み外しやすく危険です。
After
どの段からでもつかまれるように、長めの手すりを設置しました。

トイレ

Before
トイレの便座からの立ち座り時に、つかまるものがなく不安定な状態でした。
After
トイレ扉を開閉する際の補助にもなる位置に、手すりを設置しました。
Before
トイレ扉の開閉時に、つかまるものがなく不安定な状態でした。
After
開閉時に身体を支えてくれるよう、トイレ扉のすぐ脇に手すりを取り付けました。

浴室

Before
脱衣室と浴室の間の敷居が高く、またぐ際に身体が安定せず大変危険でした。
After
浴室扉脇に手すりを設置しました。扉開閉時の身体を支える役割も果たします。
Before
浴槽への出入り時につかまるものがなく、不安定な状態でした。
After
しっかりと支えてくれる、身体にあった手すりを適正な位置に取り付けました。