トイレ

Before
トイレの便座の立ち座り時、つかまるものがなく不安定な状態でした。
After
下地の構造上、補強板を設置してから手すりを取り付けました。
Before
トイレの便座からの立ち座りが不安定で、左右両側につかまるものが必要でした。
After
手すりを最適な位置に設置するため、紙巻器等を移動して対処しました。
Before
トイレ扉の開閉時に、つかまるものがなく不安定な状態でした。
After
扉のすぐ脇に手すりを設け、開閉時の負担を軽減しました。

居室

Before
和室の出入り口に畳の厚み分の段差があり、つまづきやすい状態でした。
After
滑り止めのあるスロープを、ずれないようしっかりと取り付けました。

脱衣所〜浴室

Before
浴室と脱衣室の敷居がかなり高く、またぐ際にバランスを崩しやすい状態でした。
After
出入口脇に手すりを設置しました。浴槽に出入りする際にも便利です。
Before
浴槽をまたぐ際、片足で不安定になるためつかまるものがないと危険です。
After
浴槽近くに縦手すりを設置しました。体を洗った後立ち上がる時にも役立ちます。
Before
浴室への敷居が高くつかまるものがないため、バランスを崩しやすい状態でした。
After
脱衣室と浴室両側に手すりを設置し、またぐ際に安定するよう身体を支えます。
Before
足腰が弱っていて、浴室への敷居をまたぐ動作が困難な状況でした。
After
表面に滑り止めの加工がある踏み台をしっかりと固定し、負担を軽減しました。
Before
衣服の着脱をする際、支えるものがなくバランスを崩しやすい状態でした。
After
脱衣室に手すりを設置し、衣服着脱時の身体を支えます。