階段〜廊下

Before
半外にある階段ですがとても急でつかまるところが何もない危ない状態でした。
After
金物を上手く使ってしっかりと固定し、傾斜に合わせて手摺を取り付けました。
Before
階段を上がった入口部分にはつかまる所がなく、壁に手をついて支えていました。
After
縦手摺りがあることで、手擦りにつかまりながら身体を安定させる事ができます。
Before
室内の急な階段部分は、踏み板の奥行きもつま先部分しかなくとても危険です。
After
右側の手摺にしっかりとつかまって上り下りをしてもらう事で危険を減らします。
Before
手摺りやつかまるところが何もなく、今までは柱に手を掛けて移動していました。
After
柱の色が変わっているところに合わせて、縦手摺りを設置しました。
Before
階段を上がったところのスペースには、つかまるところがありませんでした。
After
横手摺りをつける事で、しっかりと身体を安定させる事ができるようになります。
Before
廊下部分にも手摺がないため、日常は寄り掛かって移動を行っていました。
After
横手摺りを取付けることで身体を支えながら歩くことができるようになりました。