玄関

Before
玄関までの外階段ですが、足が不自由になると少ない段数でも危険が伴います。
After
壁面を向きながらでも上がり下りができるように微妙に高さを調整して設置します。
Before
階段を上がりきった所で玄関扉の開閉をする際に何も捕まる所がありませんでした。
After
縦手摺りを設置することで身体を安定させて扉の開閉が行いやすくなります。
Before
一段の段差自体はそこまで高くはありませんが、何も支えるものがないと危険です。
After
階段を上がりきる時と、降りはじめの高さを考慮して位置を決めて設置しました。
Before
階段下のスペースは広くなっている分、身体が不安定になりやすい場所になります。
After
横手摺を設置することで、身体を安定させることができるようになりました。