トイレ

Before
便座への立ち座り時につかまるものがなく、とても不安定な状態でした。
After
使用されるご本人の動作を確認しながら、最適な位置に手摺を取り付けました。
Before
座った時には壁に手をついて身体を支えながら使用している状態でした。
After
両側に手摺りを取り付けることで、身体の安定と上下動作が行い易くなりました。
Before
水道管を持って立ち上がったり、立った状態の時はタンクに手を付いていました。
After
座った状態から立ち上げるための手摺と立った時に使用できる手摺を設置しました。
Before
脱衣室では壁に寄り掛かりながら、衣服の着脱を行っている状態でした。
After
手摺りを取り付ける事で、しっかりとつかまって身体を安定させることができます。
Before
脱衣室と浴室の間には段差があるため、扉につかまって出入りしている状態でした。
After
脱衣室と浴室の間部分に縦手摺をつける事で、つかまりながら出入りができます。
Before
洗い場での立ち座りの際には、壁に手をついてもすべてしまい危険な状態でした。
After
浴室用の手摺りを付ける事で、滑ることなくしっかりとつかまることができます。
Before
浴槽から洗い場へまたぐ際にも浴槽が深く、とても苦労しながらの動作でした。
After
縦手摺りをつかまりながら、洗い場へまたぐ事で安定性が高まり安全になりました。