トイレ

Before
便座の立ち座りは不安定になりやすく、紙巻器やタオル掛けに頼っていて危険でした。
After
しっかりと身体を支え高さの異なる体勢にも対応できる、L型手摺りを設置しました。
Before
不安定になりやすい扉の開閉時は、壁に手をついて身体を支えていました。
After
使用される方に合った太さの手摺りを、ちょうど良い高さに設置しました。

脱衣所〜浴室

Before
浴室の扉を開ける際、支えるものがなく不安定になりやすいため危険でした。
After
使用される方に合った高さに考慮しながら、ドアのすぐ脇に手摺りを設置しました。
Before
洗い場の立ち座りは滑りやすく危険ですが、つかまるところがありませんでした。
After
どの体勢でも対応できるよう、使用しやすい位置に縦手摺りを設置しました。
Before
洗い場と浴槽間の移動も、身体が不安定になる上に滑りやすいため危険でした。
After
ちょうど良い位置に手すりを設置する事で、裸で無防備な状態でも安心です。