玄関〜廊下

Before
玄関扉は重いので体勢を崩しやすく、扉に体を挟んだりよろけたりしていました。
After
掴みやすい位置に手すりを設置したので、手荷物を持っていても楽に開閉できます。
Before
玄関の上がり框には掴まる所がなくて、上り下りや靴の着脱が一苦労でした。
After
すぐ横にL型手摺りを設置することで、玄関から廊下への移動がスムーズになります。

脱衣所〜浴室

Before
浴室への出入りは段差もありふらつきやすく、壁で身体を支える状態で危険でした。
After
洗面室入り口から浴室まで連続して手すりを設置し、一連の動作が安全になりました。
Before
浴槽をまたぐ際は、滑りやすい上に身体が不安定になるため危険です。
After
どのような体勢にも対応できるよう、ちょうど良い位置に縦手摺りを設置しました。
Before
縦の手摺だけでは、浴槽の立ち座りの際に対応できていませんでした。
After
長い横手摺を追加する事で、入浴中に潜ってしまう危険の防止にもつながります。
Before
浴室からの扉の開閉は、床や壁が濡れていて身体を支えにくいため大変危険です。
After
浴室用の手摺りを付ける事で、滑ることなくしっかりとつかまることができます。
Before
お供え物を持ってお仏壇へお参りする際、壁に手をついて身体を支えていました。
After
手摺りがしっかりと身体を支えてくれるので、楽にお参りできるようになりました。