階段

Before
階段には手摺りがなく、壁に手をついて身体を支えていて危険でした。
After
使用される方の動作を確認しながら、最適な位置に手摺を取り付けました。
Before
階段の降り始めはバランスを崩しやすく、身体をしっかりと支えるものが必要です。
After
手摺りを長めに設置したので、昇り終わりも姿勢を立て直すことができます。
Before
階段の方向が変わる時は足を踏み外しやすいため、掴まるものがないと危険です。
After
数段の高さに対応できるよう、コーナー部に縦手摺りを設置しました。
Before
開き戸の開閉は不安定になりがちで、壁に手をついて身体を支えていました。
After
手摺りを設置する事で、しっかりとつかまって身体を安定させることができました。

脱衣所〜浴室

Before
浴槽の立ち座り時は浴槽の縁や壁に手をついていましたが、滑りやすく危険でした。
After
浴槽の周囲に手摺を設置した事で、滑りそうな時でもしっかりと支えられます。
Before
浴槽をまたぐ動作は非常に不安定なので、確実に支えてくれるものが必要です。
After
L型の手摺りで、浴槽への出入りと立ち座りの動作がスムーズに行えます。