外部階段

Before
外部階段の既存手すりに低い手すりを追加するのは、耐力的に厳しい状況でした。
After
手摺り金具が付く位置に裏側から補強して、手すりの設置が可能になりました。
Before
外部階段の既存手摺りは、使用される方の体格に合っていないため危険でした。
After
体に合った手摺りを取り付けることで、雨天時や荷物が多い時でも安心です。
Before
階段の降り始めや昇り終りはバランスを崩しやすく、支えるものがないと危険です。
After
低い手摺りを平らな部分まで設置することで、危険に備えることができました。

居室

Before
扉の開閉時はふらつきやすく壁に手をついていましたが、滑って危険でした。
After
手摺りを設置する事で、しっかりとつかまって身体を安定させることができます。